革製品のオーダーメイド 銀座 オーソドキシー

Order example

2021.11.9

24年目の修理 一点ものの手提げバッグ

きっちりと自立するこの手提げバッグは、

なんと24年ほど前の1点もの。

 

20歳の記念にお買い求めくださった

クライアントが、

「思い出深いバッグでもありますし、

どれくらい使ってもまだ好きなので、

ここらへんで総点検をお願いしたく…」

とご依頼くださいました。

 

 

 

 

残念なことに

修理前の状況を写真に収めず、

お見せすることができませんが、

黒いルバルの革は、

かなり白っぽくなっておりました。

 

今回、丁寧なオイルケアをしたことで、

お受け取り時クライアントが

「これ、お色もつけてくださったんですか?

新品みたいになりましたね。」と

驚いたほど、革の色・ツヤが生き返っています。

 

 

 

 

今回は、このバッグを丸っとバラして

角の補強をするのがメインの修理で、

 

その他、裏地はすべて取り換え、

必要に応じて随所に当て革をするという

細かい補強をしています。

底鋲もすべて取り換えています。

 

特に喜んでいただけたのは、

以前にお付けしたネームパッチを

そのまま再度お付けしたところ。

20歳の記念と聞きましたので、

そのお気持ちを大切にしたいと思いました。

 

 

 

 

それにしても、当店特製牛革には

私どもでも驚くほどの

再生力があります。

 

これは黒、だったの?という感じから、

クライアントが喜んでくださったように、

染色すること無しに、

ここまでツヤのある黒になりました。

 

これが

当店特製革の持つポテンシャルの高さです。

 

「20歳の時に思い切って買ってから、

気に入ってずっと持ってます。

たまに

1年ほどお休みさせていた時期もありますが、

持っていると、特に男性から

良いカバン持ってるね、と言われてきました。

不思議ですが、

白っぽくなっていた時でも

やはり褒められていました。

 

 

 

 

「良い靴を履くと、その靴が

良い場所に連れて行ってくれる、

と聞きましたが、

バッグも

良い場所に導いてくれている、と思います。」

すてきな言葉を頂戴しました。

 

「こんな風に蘇る革であれば、

これからはきちんとお手入れして

良い状態に保ちたいと思います。

 

革がこういう素材だと知って、

ますますこの鞄が好きになりました。

大切にします!」

 

 

 

 

ありがとうございます。

背筋をスッと伸ばしたお姿が

とてもステキなクライアントです。

 

長い時間を通して、

当店製品をお持ちになる方が

どんな風に年齢を重ねていくのか、

こうして拝見することは

少なくありません。

 

そんな時、すばらしく

魅力的な人になっているクライアントに

お目にかかりますと、

私どもも背筋が伸びる思いです。

 

関連記事

  • 正面

    ねこリュックバッグの完成

  • 長年お使いのブリーフケース

    メンズブリーフケースのファスナー修理

  • デザインバッグ

同様のアイテムを見る: