革製品のオーダーメイド 銀座 オーソドキシー

Order example

2023.01.15

5年お使いいただいたショルダーバッグの修理 2212N

5年近く使っていただいたショルダーバッグが

修理で戻ってまいりました。

 

「ルバル」でお作りした

手触りの良いショルダーバッグですが、

ご病気で手の動かない方のために

お作りしておりますから、

細部まですべてが特別仕様の製品で、

使い方にも特殊なところがあります。

 

 

 

*お作りした当時の外観

 

 

きっと毎日お使いくださったのではないか

と思いますが、

ある一点に力がかかるようで、

片方のDカンジョイントがすでに切れました。

 

ショルダーバッグを使う時はとくに、

どなたにも背負う時の癖があるため、

今回のように

そのクセを吸収してくれる部分に無理が出ます。

 

どんなに高価なバッグでも、

それが使われるバッグとしての宿命です。

 

私どもが修理を承る時は

必ず製品全体を確認し、

他に直す方が良いところがあれば

ご提案します。

 

 

*修理でお預かりした時の様子

 

 

修理をご依頼いただいた場合、

直すことでこれからどれくらい保つのか、

また直す場所によっては

他の部分も一緒に直す方が良い、など

もっともコストパフォーマンスの高い結論を

模索し、お薦めしています。

 

それにしてもこのショルダーバッグの

革の手触りの良いこと、

そしてツヤの良いことには、驚かされます。

大切に扱ってくださったのだと思います、

ありがとうございます。

 

 

 

*見事にちぎれたDカンのジョイント部分。
よく見ますと、
ナスカン金具もすり減っています。

でもここは、次回のお直しをお薦めしました。
なぜなら、反対のDカンジョイントも、
金具と同時期に切れそうだからです。

 

 

 

*出来上がったばかりのバッグの中

 

 

 

どのバッグも、最初にお作りする時には

本体内側にはステッチ(糸)を出さずに

きれいに仕上げます。

 

ところが修理の時に

これと同じ方法で直そうと思うと、

とんでもなく手間がかかって

お値段がお高くなってしまいます。

 

そこで、クライアントにご許可を取りながら

いろいろと工夫を凝らして、

あまりお値段のかからない方法にします。

 

 

 

*付け直したDカンジョイント部分

 

*裏地に縫い糸(ステッチ)を出しています。

 

 

今回は、

バッグの裏面に縫い糸を出すことで、

表面の革バッグ部分と

内側の裏地部分とを

ばらばらにすることなく、お直ししています。

 

ばらさない方が

バッグとしても保ちも良くなりますから、

お値段の面だけでなく、

この方が優れた直し方となります。

*もちろん裏地に糸を出したくなければ、

そういう直し方をします。

 

お受け取り頂いたクライアントからは

きれいに直った、と喜んでいただきました。

 

また何年か経って問題が出ましたら、

いつでもご相談くださいね。

このたびはご相談ありがとうございました。

 

 

関連記事

  • 見事なコンパクト財布&キーケースセット 0613

  • オーダーメイドのショルダーバッグ

    ショルダーバッグのフルオーダーメイド

  • 使用例

    スマホケース iPhone6plus用

同様のアイテムを見る: