革製品のオーダーメイド 銀座 オーソドキシー

Order example

2023.03.10

2代目のストライプポイント ビジネスバッグ 21206

20年近く前にストライプポイント

ご注文くださったクライアントが、

「途中で使わない時期がありまして、

全部で10年ほど使ったでしょうか…

そろそろ取り替える時期が来ましたので、

同じバッグを作ってください。」と

ご来店くださいました。

 

 

 

 

 

 

「良いバッグを持っていると

自分の見た目がアップしますね。

人から、お、と見られます。

 

だけどおもしろいことに

私の業界では、どんなに良いと思っても

あの人が持ってるから、と

同じものを持つ人はいないですよ笑」

 

ご職種を伺いますと、

なるほど、さもありなん、です。

個性も大きくモノを言いそうです。

 

 

 

 

 

 

 

ストライプポイントは

すでに25年ほど定番としてありますが、

こちらのクライアントからは

「いまでも古いと感じないデザインで、

やっぱりこれが好きですね。

着物にも似合いますし。」

というご感想をいただきました。

着物にお持ちいただいているなんて…

すばらしい発想です。

 

私どもは、まさに

古びないデザインの革製品を

みなさまにお出ししたいと

常日頃から思っておりますので、

一流の仕事をする方から頂戴したこのご感想は

とても嬉しいです。ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

お店においでになる方とは、

その方の職種やお立場

場合によっては

どんな風なお仕事の仕方をしてこられたのか、

たまたまお話しに上ることもあります。

 

この方は若い頃、

ご自分が会社員のままでいると

特別なスキルが育たない、と思い、

では自分は何が好きか?

ということから始めて、

少し興味があった講座に参加した時

「自分はこれが好きだ。」と、

すぐにその道に入って行ったそうです。

勇気があります。

 

職業的には個人技の一種なので

どのように会得したかをお尋ねしますと、

ある時 師となる方に出会い、

しばらくの間カバン持ちをしていたとのこと。

 

当店の他のクライアントの中にも

そういう体験をした方々もいらっしゃって、

デザイナーはそういうみなさまを間近に見て、

「これはすごい勉強になるわ、うらやましい。」

と言うことが、何度かありました。

 

力量のある方のカバン持ちができれば、

仕事でその方が取る態度を

すべて見ることができますから、

普通の人からは見えない部分を含めて

学ぶことができます。

 

 

 

 

 

 

ただし、ハードです。

そのハードさに長年耐え、

自分の身に付けていければ

自分だけの技術が花開きます。

なんて…今どきこんなことを言いましたら、

ナンセンス、と

一笑に付されるかもしれません。

 

デザイナーがこのクライアントに感じた

「本物の仕事」は、

その仕事を極めたいという気持ちを持って

言葉の意味を考え、行動の意味を探り、

たゆまぬ努力をし続けたことから、

生まれ出ることができました。

 

こんな方にお持ちいただけるのは

ありがたいことです。

当店のすばらしいお客様のみなさまに、

あらためて感謝申し上げます。

 

 

関連記事

  • カード入れ

  • アンティークの口金バッグ

  • メンズ鞄や長財布に、魅力的な限定革はいかが?

同様のアイテムを見る: