革製品のオーダーメイド 銀座 オーソドキシー

Order example

2023.06.20

デコルテバッグからのメタモルフォーゼ ショルダーバッグ

海外でご活躍のクライアントは、

仕事でパッと出かける時に必要なバッグを

ご注文くださいました。

 

なかなか日本にいらっしゃらない

クライアントなので、

Zoomでご相談を承りました。

ご招待いただけるのでしたら、

このようなご相談方法も承っております。

 

 

 

 

*このバッグは左右で色を変えています。
表面はこのようになっていて

 

 

たまたま店頭でお買い求めくださった

定番「デコルテバッグ#1」

ご愛用くださっていて、

デコルテバッグ風の

ショルダーバッグタイプが欲しくなった

ご様子です。

 

 

 

*裏面を逆色の切り替えにすることで、
左右で色の違うバッグになります。

 

 

 

「この間いただいてったバッグは

最高にステキです!

デザインもとても気に入りましたが、

ちゃんと自立しますし、

思った以上にたくさん入りますし、

使いやすくて…とにかく最高です!」

ありがとうございます、嬉しいです。

 

 

 

 

 

 

「大き目のパソコンを持ち歩きますから、

片面にはそれがサッと入って

パッと出せるようにしたいです。

その面は書類とスマホも入れるので、

ファスナーやフタの無い

入れるだけのスペースにしたいです。

 

 

 

 

「もうひとつのスペースは

ファスナーで閉められるようにして、

中を見せたくありません。

 

PCの充電器を入れる場所を作って、

お財布がちょうど入るようなポケットと、

リップクリームかペンが入るポケットが

欲しいです。」

とてもスピーディなご相談です。

 

あっという間に

ショルダーストラップの長さまで

きっちりご指定くださいました。

 

 

 

*ファスナー側の内装。

 

 

デコルテバッグと同じデザインで

というご希望ですが、

あの持ち手があるのとないのとでは

かなり雰囲気が変わりますから、

新たに切替ラインを整えました。

 

ショルダーストラップが付いている

ジョイント部分も、

黒い側は黒で作り

ベージュの側はベージュで作っています。

細かいデザインが

全体を違和感ないものに仕上げてくれます。

 

 

 

*リップの代わりにペンを収めたところ。

 

 

 

難しかったのは、

リップスティックの太さ/長さと

ペンの長さ/太さがけっこう違うため、

両方をきれいに収めること。

 

これには普通では思いつかないような

アイデアを考え付きました。

クライアントが気に入ってくださったので、

良かったと思います。

 

 

 

*こちらにはリップが収まっています。

 

 

 

スケジュールがタイトだったため

最終的にメールでのご相談も

させていただきました。

 

作っていながら

「これはクライアントに決めていただく内容」

という予期せぬ出来事が起きましたら、

必ずお尋ねすることにしています。

 

今回は、お互い理解できているようでいて

それが実は誤解で、

 

違うフェイズでうまく嚙み合ってしまった

部分があったため、

ギリギリの出来上がりになりましたから、

日本をお立ちになる前に、

クライアントのいらっしゃる場所に

納品しました。

 

 

 

*なんと、長財布も同じデザインで
お作りしました。のちにご紹介します。

 

 

クライアントの目の前には

デコルテバッグ#1が置いてあります。

「これ、使ってるんですよ!」

嬉しい、ありがたいシーンです。

 

たまにはこうして

お客様をお訪ねするのも良いことと

思いました。

このたびもありがとうございました。

 

ご無事な旅と

すばらしい成果をお祈り申し上げます。

 

 

関連記事

  • 「まっ白な ダレスバッグ」 フルオーダーメイド品

  • きれいなブルーのiPhone13miniケース 112N

    きれいなブルーのiPhone13miniケース 112N

  • 超整理手帳カバー、その7 「ベルト留めタイプ」

同様のアイテムを見る: