革製品のオーダーメイド 銀座 オーソドキシー

Order example

2023.10.25

佐賀錦を使ったショルダーバッグ 30703

みなさまは「佐賀錦」をご存知ですか?

名前は聞いたことがあるかと思いますが、

実際にどんな織物かを

ご存知の方は少ないと思います。

 

佐賀錦は

金箔銀箔を漆で和紙に貼って、

それを細切りにした糸をタテ糸として使った、

気の遠くなるように製作時間のかかる

織物のことです。

 

 

 

 

 

 

「秋に手作り作品の展示会があって

今年も出品しようと思いますから、

佐賀錦のお仕立てをお願いしたいです。」

 

今まで作ってくれていた職人さんが

ついにリタイアしてしまったとのことで、

当店をお探しくださいました。

ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

今まで仕立てていただいた作品を

お持ちくださったので、

これまでの職人さんが得意とする作り方を

理解できましたから、

「今回はまったく違う雰囲気にしましょう!」

と言うことができました。

 

通常の革製品の職人さんは、

どちらかというと

内縫いの柔らかい製品が得意の人が

多いかもしれません。

 

そして、作るうえで合理的に考えて、

どうしても革の継ぎ目は多くなります。

 

 

 

 

 

 

これまでの作品製作も

そういう角度からのアプローチでしたから、

当店のようにヌメ革を使って

磨き仕上げをすることはまずありません。

 

当店の個性が出るのは、

ヌメ革を使っても、デリケートなイメージに

お作りすることができる製品です。

 

 

 

 

 

 

「まあ!こんな感じは

見たことがありません。

ステキですねえ、おまけに

とても軽いですし。

売るわけではないから、私が使おうかしら。」

 

絵のように

継ぎ目のない額縁に入ったこの方の錦織は、

このバッグの中の「主役」です。

時間をかけ、やっと仕上がった錦織は、

細部まですべて計算しつくした

デザインバッグの主役です。

 

これから展示会と思いますが、

みなさまにたくさん見ていただけることを

願っております。

この度はありがとうございました。

 

 

関連記事

  • メガネケース

  • がま口財布は、なぜ製作が大変か?

  • スペインへお供したバッグたち

同様のアイテムを見る: