革製品のオーダーメイド 銀座 オーソドキシー

Order example

2023.11.4

3色づかいの楽しいショルダーバッグ 30704

「このバッグがとても使いやすくて

気に入っているんですが、

もう少し大きくして

もっとステキなバッグにしたいです。」

ツヤのあるきれいな髪をしたクライアントが

ご希望をお話しくださいました。

 

「仕事柄あまり外には出ないですが、

出る時には気分のアップするバッグを

持ちたいと思って。」

お気持ちわかります!

 

 

 

 

 

 

ご相談の結果、

一枚目、二枚目のお写真と

三枚目、四枚目のお写真のように、

お持ちになる面によって

色合わせの違うバッグにしました。

 

外に出す面で

イメージがすっかり変わりますから、

まったく違う気分でお持ちいただけます。

 

こういうバッグで

ここまではっきりしたお色で分けたものは、

今までにお作りしたことがありません。

 

 

 

 

 

 

変わっている要素はもうひとつあって、

それはショルダーベルトです。

 

ショルダーベルトは一本だけで、

バッグの上部四隅に付けた金具の、

どこを使って吊るしていただいても良い

タイプです。

 

おもしろい発想ですが、

これがほんとにうまく使えるのか?は

もし見本のバッグがなければ、

それを実験することから

スタートする必要がありましたが、

今回は

「クライアントの使った履歴」が

ありますから、大丈夫。

こういうのはとても助かります。

 

 

 

 

 

 

このバッグのベースになったのが

この鞄のデザインです。

ひと目見て気に入ってくださって、

同じ色合わせに、

とするところから入りました。

 

 

 

 

 

 

ベースになったデザイン鞄は

切替ラインを曲線にしていますが、

こちらはまっすぐです。

 

それは、このバッグのラインは

表面、裏面共に横から見ると

曲線になる様、デザインしているからです。

 

それだけでなく、

その面に外ポケットが付くことで、

製作方法が限定されました。

当店製品のほとんどのデザインには、

使用の仕方に対応した「意味」があります。

 

 

 

 

 

 

こちらは小さいバッグですが、

そのふくらみのおかげで

かなりたっぷりモノが入ります。

 

クライアントも

店頭にある見本バッグに

ご自分の持ち物を入れてみると、

「これ、見た目よりも入りますね!」

と驚いてらっしゃいます。

 

 

 

 

 

 

いろいろな色を合わせるのがお好き、

と伺いまして、3色&糸の色など

いくつもの色を使いましたが、ベースにしたのは

白っぽいヌメ革のドイツヌメ。

 

これを使うことにお決めいただいたのは

このクライアントの美意識からですが、

こうして出来上がってみると、

このパーツにもう少し色がついていたら

かなり違う印象になったところです。

大正解の決定でした、すばらしい!

 

「この革は特別だということなので、

残りがあるのでしたら

お好きな方に使って差し上げてください。」

なんとかっこいいお振舞い!

ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

このバッグには

それぞれの小物を収める小さなポケットが

たくさん仕込まれています。

 

上のお写真は外ポケットの中に作った

内ポケットで、

鍵がピタリと納まるくらいのサイズ。

 

下のお写真、その下のお写真には、

ピックアップ時にお入れいただいた

クライアントのお荷物が入っていますが、

どの小物もピタリと納まるので

快適な使い心地に仕上がった、と思います。

 

 

 

 

 

 

いろいろお話を伺いますと、

この方は漫画家さんで、

「じつは、このお店のウェブを見つけて、

ずっと拝見してました。それで、

自分の作品が目標まで売れたら

絶対に作りに来よう、と思ってたんです。

コロナになってから

ネット漫画が注目を浴び、

それも追い風になって、こちらに伺えました。」

 

なんとなんと嬉しいお言葉でしょう。

お仕事もうまく運んでいらっしゃると伺って、

それもまた私どもの喜びを

二重にしてくれます。

 

 

 

 

 

 

ご相談時、お作りする革製品に対して

どんな生活の方が

どんな風にそれをお使いになるか

お聞きするわけですが、

レシートの入れ場所やのど飴の入れ場所、

ちょっとしたごみを入れるポケット、など

お人柄も偲ばれるレイアウトをしました。

 

これからの益々のご活躍をお祈り申し上げます。

この度はありがとうございました。

たまには昼間、

こちらにもお出かけくださいね。

 

 

 

関連記事

  • バッグ・イン・バッグ 207

  • ぴったりサイズの手帳カバー

  • 大変だったカメラのフィルムケース 910

同様のアイテムを見る: