革製品のオーダーメイド 銀座 オーソドキシー

Order example

2023.12.31

手文庫に重ねて使う紙ばさみ 2311N

手文庫と一緒にオーダーいただいた

紙ばさみをご紹介します。

手文庫と同じ大きさで、

手文庫に重ねて置いてお使いいただく

製品です。

 

革と色はルバルのワインカラー。

以前お持ちくださった

ルバル製品の手触りを

とても気に入ってくださっての

ご注文です。

 

他の革見本もお送りしましたが、

やはりルバルになる、というのは

このオリジナル革を

特別に作ってもらっている私どもとしては

まことに喜ばしいご選択です。

 

 

 

 

 

 

角の丸みを手文庫と合わせていますから、

手文庫に載せると一体感があります。

机の上にあっても

邪魔になる感じではないでしょう。

 

エレガントな生活のクライアントなので、

もしかして文机をお持ち?

などと想像していますが、いかに…

 

 

 

 

 

 

紙ばさみにお入れになるのは、便箋です。

ある程度の厚みの便箋が入るよう

少し大きめにしています。

 

それとこの紙ばさみの特徴は、

表側のブドウ模様。

 

このブドウ模様は

「黒革の手帖」の変更使用ですが、

天地を変えて使うことで

まるで違うもののように見えます。

 

 

 

 

 

 

左側から右側に向かって開く、

というお話を伺い、それに合わせて

模様の方向を決めています。

 

まさにパーソナルなオーダー品です。

手文庫という言葉も久しぶりに

お聞きしましたし、

重ねて使う紙ばさみについても、

必死に作る私どもの中に

どうかした瞬間に

ほっとした空気を運んでくれます。

 

きっとたくさんのお手紙を書かれるのだと

思います、すてきなことです。

このたびもありがとうございました。

 

 

関連記事

  • 「黒革の手帖」ぶどう柄のスケッチブックカバー

  • 外見

    ポロサス革小物ポーチ、その2

  • B4サイズ大のバインダー

同様のアイテムを見る: