革製品のオーダーメイド 銀座 オーソドキシー

Order example

2024.01.29

新シーズンコレクションのサンプル革を見てきました。

ミラノの「リネアペレ」は

毎年2回のすばらしい革見本市ですが、

日本のクライアントは

日本の革やさんを通じて注文するため、

自分たちと好みが合い、

日本で販売している革やさんを見つけて

国内で

彼らの展示会に出掛けて行きます。

 

当店が今まで入れてきたイタリア製、

リネアペレの革はすべて

そのように入手したものです。

 

今日は今回デザイナーが気に入った革を

みなさまにお見せします。

これは、と思ったものがありましたら

お知らせください。

 

今回の見本市の革がオーダーされて

世界へ頒布される新シーズンに、

その気に入った革を使って

ご注文いただけるかもしれません。

 

まずは以下の革のお写真と

簡単な解説をご覧あれ。

 

 

 

*イタリア製、すばらしい色と型押し。
こんなにきれいな紫は滅多にありません。

 

 

 

*イタリア製、草花の型押しも
繊細でエレガントです。

 

 

 

*日本革。手触りよく、
少しの雨ならコロコロと落ちていきます。
雨の日は、これで乗り越えられそう。

 

 

 

*言わずと知れたイタリア製。
大胆なプリント柄は
ジェットプリンターではありません!
今回のこの技術が
革の新時代の幕開けです。

この革で雨の日を乗り越えられそう。

 

 

 

*日本革、凹凸感ある幾何学模様。
日本の技術も隔世の感があります。

 

 

 

*イタリア製、さすがの色とクロコ柄。
安定のすばらしさです。

 

 

 

*これが日本革!
表面だけをシュレッドしているらしい。
こんな革も作るなんて…
日本もすばらしい技術です。

 

 

 

*イタリア製、これはもう驚きの革!
牛革ですが、見た目はコードバンの輝き。

邑になった微妙なニュアンスの色染めと、
表面が経年変化するという、驚きのひと品。

 

 

 

以上、新シーズンの

気になる革をご紹介しました。

 

 

関連記事

  • 2000年新作「クロスポイント」レディースバッグ

  • お気に入りのベルトバックルを使ったベルト

  • 一枚革のオーダーベルト

    一枚革の限定ベルト(ご用意数は5本)

同様のアイテムを見る: