革製品のオーダーメイド 銀座 オーソドキシー

Order example

2024.03.29

カード入れが入るバーティ長財布とお揃い革の小銭入れ 40203

新バーティはデザインを変えて

エレガントな

オーソドキシーラインになりました。

 

偶然ですが、お札を入れると

紙幣に印刷された人の顔が、ちょうど

きれいに出るラインになりました。

これは

風水的に縁起が良いのだそうです。

 

さて、それはさておき、

今回のご注文品は、そのバーティを

小銭入れと革を揃えた純白色のセット!

 

 

 

 

 

 

ご自分でもカービングや手縫いで

革製品を作る方が、

このご注文をくださいました。

「こういうのが欲しい、って思っても

自分で作る時間が今はないから…」

 

「一緒に、長札入れの中にぴったり入る

カード入れも作ってください、

フタの方に入れるようにしたいです。

 

定番より大きくなってもいいですから、

カード入れを取り出しやすい

ゆとりにして作ってください。

それと、お揃いの小銭入れも

お願いします。」

美意識の高い方です。

 

 

 

 

 

 

お作りした新バーティは

ハイブランドの革なので、真っ白です。

こちらは革の表面に型押しのある

汚れにくい革です。

 

余談ですが、

きれいなお色の革には型押しが多いですが、

それは色の密着度を増すためと

チープに見えないための加工だと感じます。

 

鮮やかなお色は、色出しが難しいですし、

色を革に密着させる技術も必要です。

そういう意味で、革を

上からぎゅっと押さえる型押しは、必須。

その型が細かくてキュッとしていて

つるつるであれば、表面はかなり丈夫です。

 

 

 

 

 

 

また型押しがないと、

鮮やかなお色が出ればまだ良いのですが

少しダルな色の革になりますと、

残念なことに、どうしても

チープな印象の革になってしまいます。

 

ブランドの革はほとんどが型押しですが、

以上のような意味があります。

 

市販品をお求めになる時も、

ベーシック色以外の色であれば、

型押しをお選びになると

より高級感のある持ち物となります。

 

 

 

 

 

 

さて、上のお写真は、カード入れです。

6枚のカードが個別に入るタイプ。

このタテ仕様のカード入れが、

フタの裏に収まる長札入れの大きさにしています。

 

 

 

    

 

 

 

上の小銭入れは私どもの定番です

名前のとおり、手のひらに収まりやすく、

ズボンのポケットにも

小さくパッと入り込みますが、

入れられる小銭の数はとても多いです。

 

そんなことから、今のところ

一番ご注文の多い小銭入れかもしれません。

 

お受け取りの時、

とてもきれいにできましたね、と

喜んでくださいましたが、

「端の色をブラックにしても

良かったかもしれませんねえ…

注文の時は気づかなかったけど、

きっと男性的なムードになります。

あらためて出来上がり品を見てみると、

他のまとめ方も浮かびますね。」

 

「なるほど、おっしゃるとおりですね。

長財布の周り一周だけであれば

たしかにキュッとした印象になります。

 

そしたら、まずこれで使ってみて、

イメージを変えたくなったら

黒に変えてみるとよろしいのでは?」

デザイナーからの回答です。

 

このたびはありがとうございました。

端処理の色を変えたい時には

ご相談くださいね。

どのように使ってくださるか、

とても楽しみです。

 

 

関連記事

  • ゴールドのバッグ

  • トートバッグ

  • 16年もののコンパクト財布と11年ものの長財布、大きさ比較

    16年もののコンパクト財布と11年ものの長財布、大きさ比較

同様のアイテムを見る: