2012.02.11

古いものから新しいものへのメタモルフォーゼ

 

何年も前にお作りしたメッシュ素材の超整理手帳手帳カバーを

ご愛用くださったお客様のご依頼品を、ご紹介します。

 

当時、注文数に応じて特別にこしらえたメッシュ素材の手帳カバー。

時間経つと、革がなじんで、手触り良く変化していきます。

 

これは、

「でも、手帳は別のに変えてしまった・・・」 というお客様のご依頼。

 

 

 

「使い込んでいい味が出てきたので、お財布として再生させたい!」

このご依頼に対して、

こういう特殊な素材には、どんな加工が可能なのか、をまずご説明しました。

 

結果、「長財布にしていただきたい。」 と できあがったのが、こちらです。

 

 

      

 

カード入れが8枚ある、シンプルな長財布。

メッシュの網地が崩れないように、周りを一周ぐるりとパネリングして、

みがき仕上げにしましたので、長くお使いいただくことができます。

 

 

 

それにしても、いいツヤが出て、ずいぶんと変化したものです。

「とても気に入ったので、よく手でなでていましたから。。」

 

革の「お手入れ」と言う言葉がありますが、まさに、手を入れて使うことこそが、

いちばんのお手入れです。

 

使って、新品の時よりもかっこよくなった革製品は、お金で買えるものではありません。

その人の歴史を表す使い込んだ美しい姿こそが、その人のステイタスです!