2018.02.07

表情もいろいろなコンパクト財布、クロコダイルジーヴズ

ジーヴズの人気は

当店が始まって以来

ずっと続いています。

 

かく言うデザイナーや職人も

ずっとジーヴズの虜となっています。

デザイナーに至っては

財布を探して困っている方の話を伺い

これは…と思うと、

「だまされたと思って

この財布を使ってみてください。」

などとも言っています。

 

ワニ革のジーヴズ財布

 

お薦めした人のほとんどが

文句をおっしゃいませんのと、

あまつさえ二つ目をお求めくださるのとで、

その度合いは増しているかもしれません。

 

お一人だけ、どうしてもこのお財布が

合わない方がおいででしたが、

その方は「印鑑入れにちょうどいい」と

使い道を見つけてくださいました。

ありがたいことです。

 

裏地も牛革

 

このジーヴズのおもしろいところは、

コンパクトですし

長持ちするものですから

ちょっと違うタイプの二つ目が欲しくなる、

というところです。

 

デザイナーなどは

現在牛革で三つ目を持っていますが、

「本当はきらきらしたリザードが欲しい」

と言っています。

でも、リザードは入手困難なうえ、

製作にも時間がかかるので

「ちょっと自分のためには…」

と躊躇しています。

 

ほんとうは

同時進行でいくつか使いたい

と思ってくださる方も

少なくありません。

 

財布内部

 

ちょっと長く使っていただくと

ご自分の年代が変わったりして、

そうするとなんだか気持ちも変わって

気分のアップするものを

使ってみようかな、と思うことも

あるようです。

 

実際的な理由として、

家計と自分のお金を分ける、というものも

大きな理由かもしれません。

その考えは、男性も女性も一緒のようです。

嬉しいですね。

 

ファスナーはシルバー

 

さてそんな二つ目、

ちょっと大人の人にとっては、

気分がアップするのは

やはりエキゾチックレザーでしょうか。

 

このたびご注文をお受けしたのは

ポロサスのブラック。

場所をお任せいただいたので

今までお作りしたことのない

斑柄の流れでお作りしました。

 

迫力満点のこのジーヴズ、

ある年代になったら

持ってみたいという気持ちを起こさせます。

やっぱり素敵。

 

若い頃こういうロココチックな柄には

まったく興味がなかったんですがね…

 

きれいなワニ革の斑

 

今回たまたま

(ポロサスではありませんが)

クロコダイルのフォレストグリーンと

ダークブラウンで、一点ずつ

竹斑の方でお作りしました。

 

リーズナブルにお持ちいただける

クロコダイルジーヴズです。ご覧ください。