2018.01.24

コンパクトなのにたくさん入るカード入れ

ご紹介するカード入れは、

見本があるにもかかわらず、

もしかすると

最高に難しい

製作物かもしれません。

 

なぜかといいますと、

長い時間かけて

容量以上にお入れになってきた結果、

変形してしまった容れ物だからです。

 

シンプルな外観

 

ですから、小さい割に

入ってるわ、入ってるわ…

驚くほどの枚数が収納されています。

 

「でも、これ以上

大きくしたくないんです。」

というご要望がありましたから、

新品を作るとなった場合、

一体どうやってこの難題を

クリアすればいいものやら…

 

ポケットが多い内側

 

いろいろな合わせ技を

必要に応じて駆使する当店ですが、

今回ほど様々な努力をしたことは

少ないかもしれません。

 

どうやってクリアしたかは

企業秘密ですが(笑)、

なんとかやればできること、

クライアントが歩み寄れること、

etc.をあぶり出しての製作です。

 

おかげさまで、

ほぼ同じサイズで仕上がりました。

 

マチが付いたポケット

 

見本があるもので

「同じものを作って欲しい」という

ご要望をいただいた時、

もっとも再現が難しいのが

今回のようなケースです。

 

許容量をはるかに超える内容物を

長年にわたって入れ続けた結果、

現在に至って

大きく歪んだものになってしまう…

 

理屈で考えると、

そうしたものを「見本どおりに」

製作できるものではありません。

 

隠れたところにもポケット

 

こうしたご注文品の中には、

すでに形が歪みまくって

原型のサイズがわかりにくいものが

多々あります。

それでも「大きくしたくない」という

ご要望となれば、

微妙なアレンジを施します。

 

人の感覚とは微妙なものですが、

良いアレンジをすれば

ご満足いただけるお品ができます。

 

そのアレンジこそが、

こうした場での腕の見せ所でしょうか。

 

こちらのクライアントにも

喜んで頂くことが出来ました。

ありがとうございます。