2018.06.09

きれいでシンプルな長財布 75

「きれいな」という表現がぴったりの

カードとお札だけを入れる長財布の

ご注文をいただきました。

 

コンパクトですし、

すらっとした感じが

持つ方の個性を表します。

 

革の長財布

 

栃木レザーの革を使う作り手の多くは、

どちらかというと

うちより革を厚手に設定して

少しごつめなお品を作るかもしれません。

中には、一枚革で手縫いの人もおいでです。

 

同じタイプの革を使っても、

作る人の目指すラインによって、

製作方法や使う裏地・芯材、

糸の太さや縫い幅、縫い代などは

まったく違っています。

 

そのディテールの積み重ねが

全体の印象の決め手につながります。

 

縦型のカードポケット

 

みなさまが作り手をお訪ねする時、

その店頭にあるお品を

どうぞよくご覧ください。

 

百貨店のように

それぞれのアイテム別に仕入を起こし

それを店頭に並べるだけでしたら、

どんなお品が置いてあるかは

全く関係ありませんが、

 

製作する人のお店でしたら、

置いてあるもの すべてが

製作者を表しています。

 

もちろんその製作者の持っている

技術の幅もわかります。

どれだけ幅広いアイテムを作れるか、

また、どんな印象のものを作るか、

など、いろいろなことがわかります。

 

札入れ部分

 

店頭に並んでいるお品を拝見して、

もし

「なんか違うな」と直感的に思ったら

それは「違う」のです。

 

私たちの目は、

言葉にできはしませんが、

恐ろしいほどたくさんの情報を

脳に伝えています。

 

直感的に思ったことは、

あとからよく考えてみると

きちんとした理由が思い当たることが

多いかもしれません。

 

お買い物をする時はぜひ、

その「違和感」を大切にしてください。

選び間違えることは

かなり減ると思います。

 

財布の厚み

 

何かをオーダーする時も同じで、

店頭に並んでいるもののイメージが

自分が欲しいもののイメージと

違うのであれば、

立ち止まって考えてみてください。

 

自分がそれを

着ることや持つことで

表現したい自分のイメージはどんなか?

そんな風にして、

どうぞオーダーライフをお愉しみください。