2018.10.06

リピーターのクライアント 二代目のB5システム手帳 83

20年以上前に

代官山店で奥様がご注文くださった

B5サイズのシステム手帳。

 

このたびはまた、

同じものを同じように

奥様からのプレゼントとして

ご注文いただきました。

 

 

前回は奥様がご来店くださったのですが、

今回はご主人様がご来店くださり

現在お使いの金具についての

ご希望をお話しくださいました。

 

「できればこの金具と同じものを

取り付けていただきたいのです。」

金具の端のリングの開閉金具が

X字になっていて、クロスしています。

今ではもう

どこにも見ることはできません。

 

 

じつは最初のお問い合わせでは、

今までのものを修理したい、という

ご依頼でしたが、

さすがに革の方がもう切れていて

修理不能のため、

まったく同じものを

新しくお作りすることになりました。

 

新たに金具をお探ししたのですが、

やはり製品の中にも見当たらず…

現在の金具を取り外して

再生させることにしました。

 

 

ほんの少しの違いなのですが、

この部分がXになっていると

確かに開け閉めはしやすく感じます。

 

何より20年以上にわたって

ご愛用くださったものですと

身体が使い方を記憶していますから、

他の金具ではきっと

ずっと違和感を感じるかもしれません。

 

 

金具を取り外したばかりの

古いシステム手帳は

まさに役目を終えた感じです。

 

これだけの長い期間

使用者の生活に寄り添ってきますと、

もはや「モノ」というより

伴走者と言えましょう。

 

 

このクライアントのこれからの人生に

新しい二代目のシステム手帳が

お供すると思いますと、感慨深いです。

 

こうしてまた

二度目のご来店をいただきまして

ありがとうございました。