2018.10.29

長財布持ちの方にピッタリの小銭入れ 84

小銭入れもいろいろありますが、

とくに男性の場合、

「これがいい!」と

普段からお使いだったら、それ以外、

その方に向く形はあり得ません。

 

本日ご紹介する小銭入れは、

お嬢様からお父様へのプレゼント。

往々にして男性は、

愛用品の他のものには目もくれない

ということをよくわかってらっしゃって、

「同じものを」と

スケッチ画を送ってくださいました。

 

 

お描きくださったスケッチ画で

ほとんどすべてのことがわかりましたが、

マチ部分がどうなっているかまでは

ちょっとした謎でした。

サプライズにしたい、ということで

見本のお品をあまりじろじろ眺めると

お父様にバレてしまうので、

確認がとれないのです。

 

そんな時はまず

アトリエ中で想像を巡らせます。

 

 

 

 

なまじ製作方法や各種のアプローチを

多数知っていると、かえってその分

妄想は爆裂します。

 

技術責任者とデザイナー、

他の技術者も加わり、

ああでもないこうでもないと

どんどん話が転がっていきます。

 

 

そんなこんなをした後、

クライアントに的確な質問を2,3すれば

すべてが解決します。

 

それから製作に入るのですが、

まずダミーを作り、それを確認してから

本製品製作に突入していきます。

 

 

ほんとうに小さいものほど難しい!

この小銭入れには

2~3枚のカードも入り、

三つ折りの札も入ります。

 

これを、ピッタリとした

気持ちいいサイズでお作りするのは、

至難の業です。

 

入ればいいや的なアバウトサイズで

作るわけではありません。

現在クライアントのお父様がお持ちの、

その感覚と似通ったものを

お作りすること。

 

当店がやっている仕事は

そんな絶妙な内容です。