2018.10.16

柔らかくて薄い、三つ折り長財布 84

長財布で三つ折りというのは

なかなかご注文にないタイプですが、

それでも

ちらほらとご注文いただくのは

さすがオーダーメイド専門店。

 

今回は、現在お使いになっている

クロコダイルのお財布を基に

ご注文いただきました。

 

海外在住の方ですが

多くのお札をお持ちになるので、

お札入れの側には

中が見えなくなるような

フタをつけています。

 

 

なるべく柔らかい革で

薄く作ってほしい、

というリクエストでしたから

最初から柔らかい

イタリアの革を使いました。

 

使いこなすタイプよりは

最初から柔らかいものを好む方も

確実にいらっしゃいます。

 

 

あと、革のお色を

主眼に考える方もおいでです。

そんな時には、

イタリア製や姫路の革が重宝します。

 

光沢や手触り、厚みなど、

クライアントは

それぞれの「好き」に反応なさいますから。

 

 

思えば、革には

恐ろしくたくさんの種類があります。

色もしかり。

 

この色の類であれば

このように作る、という

セオリーはありますが、

星の数ほどある製作方法に

限りはありません。

 

 

そんな中から

たった一人のクライアントのために、

たった一枚の革を選ぶお手伝いをします。

 

量産前提の市販品であれば

企画に則った色で、何色か

革を作ることができます。

売り切りですから、

使ってどうなるかは関係ありません。

あっという間に

たくさんの革を消費できますから

それが可能になります。

 

 

フルオーダーメイドの場合、

市販されている革の中から

選ぶことになります。

 

どんなに小さなものでも

オーダー品のために

革を一枚入れることになりますし、

長持ちするものですから、

 

その革がどういう素性で

どういう経年変化をしていくか

に注目して、

当店ではお勧めしています。