2019.02.10

あるクライアントのバッグとその中身

とても素敵なクライアントが

いらっしゃいます。

 

 

 

「このバッグもそうですが、

中身はほとんど

オーソドキシーさんの革製品で

いっぱいになりました。」

嬉しそうな

キラキラした笑顔を拝見できるのは、

長いお付き合いをくださっている

女性クライアント。

 

 

こうして中身をお出しいただきますと、

ほんとに当店のお品ばかり。

 

長いお付き合いの中で、

ご自分のものの使い方と

真剣に対峙してくださった

クライアントの存在を、

大きく感じます。

ありがたく存じます。

 

 

ひとつひとつの製作物に

あの時はこんなやり取りがありましたよね、

とか、いろいろ考えましたが

この形にしてよかったです、

と いったやり取りを

後からできることも、とても楽しいこと。

 

 

ご自分を観察して

どんなものを持ちたいのか、

きちんとお考え下さったもの達ですから、

それはそれは大事にしてくださいます。

 

それがひと目でわかるのが

「革のテリ」です。

 

 

リザード長財布はキラキラしておりますし、

内側のベージュの牛革は

しっとりと内側からの光沢を湛えています。

 

こんなにきれいなベージュにするには、

全体をよく、手でなでてあげることが

一番です。すばらしいテリです。

 

 

ナチュラルスネークのジーヴズもまた

すっかり鱗が落ち着いて、

ぴかぴかになっています。

 

スネークこそ

鱗を落ち着かせるために、

とにかく手でなでることを

必要とされます。

ここまできれいになると、

新品には

魅力を感じなくなってしまうかも

しれませんね。

 

 

革は、使っていくと

それぞれの味が出てきます。

 

それには

ここにアップしているような、

「タンニン鞣し&水染めの革である」

という条件が必要です。

 

どんな革でも

同じように経年変化するわけでは

ありません。

これは、基本中の基本。

 

年経るほど良くなる革が欲しい方は、

ぜひ一度、当店の牛革を

毎日お持ちになってみてください!

違いがはっきり分かります。

 

あ、肝心のバッグのお写真を

アップで取り損ねてしまいました…

次回、ぜひお願い申し上げます。

いつもありがとうございます。