2019.07.17

ブラックポロサス(クロコダイルレザー)の長財布 88

「世の中には、2種類の人間しかいない。

俺か、俺以外か。」

 

…などの強力な名言でもおなじみの

歌舞伎町のRoland(ローランド)様も

当店のクライアントです

(ご許可いただいて

お名前を挙げさせていただきました)。

 

 

テレビでもたくさんご紹介されていますが、

細やかな心遣いをくださる

ステキなクライアントのお一人です。

 

今までにクラッチバッグ、

メガネケース、お財布とお作りしました。

 

 

持ち物の多寡や服装に合わせて

それぞれ複数点お作りしましたが、

美意識の高い方なので、

お色や素材に深いこだわりをお持ちです。

 

「これが良い」となったら、

ご自分のファッションを考え、

素材とお色を変えて

同じ仕様のものをご注文くださいます。

 

 

このようなご注文をしていただきますと、

ひとつひとつのお品の消耗が

グンと違います。

 

服装に合わせたお色や

持ち物に合わせた大きさで

革製品をお持ちいただくことには、

以上のようなメリットもあります。

 

 

スタイルにブレのない

きっぱりした方ですから、

一点一点のお品は

きっちり考え、熟考されたご注文品です。

 

このたびのお財布では

「やはり黒のクロコはステキですね。」

ということで、

 

前回ご注文いただいたお財布

そのままの仕様を、

最上級の「ポロサス」でお作りすることに。

 

 

今回お財布の外側、表裏のお写真を

ゆったりと掲載しましたのは、

細かい斑柄の美しいポロサスを

じっくりご覧いただこうとの趣向です。

 

どこにも接ぎ目がありませんから、

底面の手当たりもすんなりとしていて

手触りもよく、

斑柄はぐるりと一周回っています。

 

きちんと左右のセンターを取って、

このお財布全体の大きさに合わせた

ポロサスの革を選びに行っています。

 

 

もっと大きなアイテムでしたら

もっと大きな革を選び、

それに見合った斑柄の大きさで

お作りするよう、心がけています。

 

毎回仕入れにはデザイナー自身が出かけ、

型紙を持って吟味してきます。

 

美意識の高い当店クライアントの方々に

それぞれお似合いになるイメージを持って

革を選ぶことは、

この上ない楽しみです。

 

極上のご注文を、ありがとうございました。