2019.08.28

うつくしいコードバンのA5カバー 92

とても美しいA5カバーをご紹介します。

コードバンでお作りしました。

 

外見が変わっているのと

大きさがあることとで、

文字通り「立派な」持ち物となりました。

 

こんな素敵なお品にしあがり、

製作方も、大変だけれど

その分楽しく作れたことに、

感謝申し上げます。

 

 

出来上がりの形が、上のお写真です。

外側に名刺が5~6枚入る

個性的なデザインです。

 

このクライアントの発想の豊かさを

伺うことのできるデザインで、

 

裏地のワインカラーに呼応させた

名刺入れの一部にちらっと入った

ワインカラーが素敵です。

 

 

コードバンというのは、馬のお尻の革。

以前ご説明しましたが、

お尻の革を剥いだ

その下にある「コードバン層」というのが

この革の原皮となっています。

 

そこにしかない稀少な層だけを使って

作られた革が、コードバンになっています。

 

ですから、一番大きなサイズであっても

馬のお尻の左右がつながった一部で、

そんなに大きいものではありません。

 

 

近年では、コードバン価格の高騰から

「めがね」と呼ばれる

左右の尻のつながった一枚は、

あまり見ることが無くなりました。

 

そんな中、

A5サイズノートが入って

こんな風に収納できる

大きなひと続きのパーツを取れる革は、

稀少な一枚です。

 

革の購入時には

型紙を持って行き、

ちゃんと取れるかどうか、

目だった傷はないか、

下部分の厚みに不備はないか、等

吟味して一枚の革を買ってきます。

 

 

一枚一枚の革を選ぶ・・・

革や金具などの材料の選定から、

みなさまのフルオーダーメイド品は

全力で作られています。

 

このたびのカバーには

見えない、しっかりしたマグネット留めを

採用しています。

 

クライアントご自身のの美意識に見合った

最高の解決方法で製作されることも、

特別注文いただく上での醍醐味です。