2019.10.11

ハヤカワ・ミステリ用ブックカバー 97

スマホ最盛とはいえ

まだまだ本を携帯してお読みになる方は

少なくありません。

 

当店のクライアントの中には

多くいらっしゃるという印象があります。

 

 

本日ご紹介するブックカバーは

ハヤカワ・ミステリ用です。

 

栞も付けて

厚み調節をできるようにしています。

 

栞の付け方はいろいろありますが、

この付け方は合理的だと感じます。

 

 

革が硬めなので

慣れてくるまで時間はかかりますが、

しっかりと柔らかくなれば

かなり使いやすい感じになるでしょう。

 

見返し部分から出ていますので、

縫い目に別パーツを載せる必要もなく

きれいにまとまります。

お使いになる方の

好き嫌いはありますが…

 

 

定番の文庫カバーは

カバーの両端を縫ってあり、

調節出来ないタイプ。

 

こちらは後ろ表紙の方を

折り返して厚み調節をします。

そんなわけで、裏地なし。

 

 

やはり革が柔らかくなるまでは

ちょっとぷかぷかすると思いますが、

慣れてくれば

もう少しやりやすくなります。

 

このあたりも

使う方のお好みとなります。

 

これだけ、人によって

使い方の違う革製品。

 

あなたは何を、どんな風に

使いたいと思っていますか?

 

当店では、それを実現することが出来ます。