2019.11.04

大切なベルトのリメイクとメガネケース 93

「大切な友人のために

ベルトを作り直してくれませんか?」

長いお付き合いのクライアントからの

ご依頼です。

 

拝見しますと

文字通り「ぼろぼろ」の状態になって

長く使われていたメンズベルトです。

 

 

一緒にお作りした「定番メガネケース」は、

クライアントご本人のためのお品。

 

「嵩張るメガネケースはもう持ちたくなくて。

そうすると、どんなのがありますか?」

 

お薦めした人気ある定番メガネケースを、

今回お作りしました。

 

お見せしますと、

「こんな風にメガネを入れるようにすると、

こんなに小さくて

軽いメガネケースになるんですね!」

 

 

ベルトの方には

記念のコイン飾りがついています。

これは大切にしたいお気持ちがわかります。

 

ベルトに穴が開けられ、ぴっちりと

コインが入っていますから、

元のベルトから取り出すことはできません。

 

今回のお題は

「どうやって

美しくコイン飾りを移すか」です。

どうぞご覧ください。

 

 

当初、拝見した時にお答えした方法より、

ずっと美しく移すことができました。

 

当店ではつねに、

もっともっと・・・と

できうる最高の仕上がりにするよう、

デザイナーと技術者が一丸となって

試作しながら追求していきます。

 

 

定番メガネケースは、こんな具合に

メガネを収納します。

 

ケースはメガネと同じ向きに厚みを付けて

上に向かって薄くなっていきますから、

ナチュラルに小さく、薄くできる、

という理屈。

 

当店定番や製作品のすべては

「軽く、小さく、美しく」を

モットーにお作りしています。

 

それを目指してすでに20年以上。

成熟の域に達していますが、

「革製品のオーダー」という広いジャンルですと、

一回一回が真剣勝負で

新しい挑戦になり、

毎回もがきながら、楽しみながら、

お作りしています。