2020.03.09

オーダー店としての当店の立ち位置について

本日は、このお店を続けているなかで、

はっきりとお伝えした方が良いと

思ったことをお書きします。

 

それは、

当店の立ち位置について、です。

 

多くのクライアントは、

ありがたいことに、期待と

リスペクトを持って訪れてくださいますが、

 

まだまだ、当店というお店と、

ほとんど一人で運営をしている

「手作り革製品のお店」との違いが

わからない方がいらっしゃるため、

 

もしあなたが当店に

「手作り革製品のお店」のような営業内容を

期待しているのであれば、

「うちは違います」と

申し上げる必要があると思ったからです。

 

当店は「フルオーダーメイド店」として

ウェブページを通じ、

仕事内容をみなさまにご紹介し、

集客しています。

 

実際の仕事内容としては、

世界中、どこのお店に相談しても、

当店と同じものを提案することも

製作することもできない、

 

難易度の高いものを、

ひとりのクライアントのためにだけ

お作りしています。

 

それにもかかわらず、

ウェブソフトの度重なるアップデートで

ウェブページを刷新する必要が出たため、

ウェブデザイナーの方々にご相談すると、

提案されたトップページデザインは、

かなりローカルな雰囲気の

「手作りのお店」的なデザインばかり…

 

そういうデザイナーたちは、

「手作り」が当店の「売り」だと

はなから決めつけていて、

 

日本にたくさんある、

こういう「手作り」のお店の持つ

ステロタイプの印象だけをイメージし、

そのまま提案してくるに過ぎません。

 

つまり、

この職業に興味がなかった方々はほとんど、

「手作りショップ」をイメージして

来店されるのです。

 

中には、驚くような修理品を

いきなり持ってくる人もいます。

 

当店の現在のウェブデザインは、

もう20年ほど前から10年くらいの間

同じデザイナーにお願いしていたものですが、

最近ではもう、彼のデザインを

画面上に作ることのできる技術者がいないことで

リニューアルを断念せざるを得なくなりました。

 

そのデザイナーはとても優れた人で、

「デザインの意味」を完ぺきにわかっていて

きちんと答えを出してくれる人でしたから、

 

私たちがやっている実際の仕事内容と、

どういう目標を持って

仕事のやり方を決めてきたか、

という具体的な指針と経歴から

トップページデザインを引き出してくれました。

 

彼の出した答えは、

「あなたのお店がやっていることは、

世界の有名ブランドであるエルメスや

ルイ・ヴィトンなどが行っている

最高峰の顧客に対する内容と

同じなんですね。」

 

そうしたやり取りのあと、

当店の立ち位置に合わせた

格調高い今のデザインが生まれました

(その後

オリジナル版をそのまま出せていなくて

申し訳ないのですが…)。

 

彼は、この店の規模を見たのではなく、

また

運営している者たちの年齢を見たのでもなく、

ましてや身なりや服装で判断したわけでも

ありませんでした。

 

実際にどんな仕事の仕方をして、

どんな格のものをアウトプットをしているか

(後でいろいろ注文してくださいました)、

そして最終的には

当店が目指すことを正しく理解して、

「これが私の出した答えです。」と

今のデザインを提案してくれました。

 

このウェブデザインが表すものは、

世界中どこにでもある、一般的な

小さな手作り革製品のお店ではありません。

 

かといって

すでに何代も続けられ、

既定路線に入っている世界の大ブランドとも

違っています。

 

判りやすい言い方をするなら、

当店は、世界の大ブランドの初代と

同じことをやっているのだと思います。

 

製作技術と

コンサルティング技術とを磨き、

この難しいフルオーダーメイドの世界で

自分たちを最高峰に持って行き、

それを繋げる「誰か」に渡すための

仕事をしています。

 

それを可能にするには

計り知れない努力が必要で、

 

ひとりひとりのクライアントと

毎回 真剣勝負をし、

最高の答えと

最高のお品をお出しすることが、

この長い道のりの中で

もっとも間違いのない戦術です。

 

小さな手作り革製品のお店との優劣とか、

良い悪いの話ではありません。

 

オーダーをしたい、と思っている方には、

それぞれのお店の仕事の方向性を

しっかりと把握し、

ご自分が何を望んでいるかで、

相談先を変える必要があることを

知っていただければ、と思い

この一文を書いてみました。