2020.06.18

製作が難しかったタテ型のパスケース 98

この縦長のパスケースは

イギリスの方へのプレゼントです。

 

イギリスでは

定期のようなものを購入すると、

この形のビニールの定期入れが

もらえるそうです。

 

 

ご注文者のお友達が

その定期入れをいたく気に入って、

10年以上も使っているとのこと。

 

それで

「今度会う時には

その定期入れと同じものを

プレゼントしよう。」と

お思いになった、とか。

ステキな思い付きです!

 

 

ネットでお調べいただき

当店へおいでくださったのですが、

クライアントはデザイナーなので

革のお色、

糸のお色をお選びになって

お友達に似合うものになさいました。

 

パスケースと言っても

実際カードがたくさん入っていたそうで、

カード入れとして

お使いだったようです。

 

 

時間が経ったものは

素材が何であっても伸びていますから、

同じくらい最初から入るモノを

お作りするのは、ほんとに大変なことです。

 

今回、小さいお品なんですが、

珍しくひとつ目の出来が良くなかったため

作り直す、という結果になりました。

 

 

いえいえ、小さいお品だから、

より難しく、、、

そのようなことになったのです。

 

もちろんご注文者にお渡しする前に、

デザイナーが確認して、決めたことです。

容量は問題なかったのですが、

ちょっと美しくできていなかった…

 

 

お金をいただいてお作りする

オーダー品製作は、

製作者にとって厳しい世界です。

 

それで、

そういうひとつ目でよろしければ

格安でお分けしますので、

ご興味ある方はお知らせくださいね。

 

普通の方には、

どこが不出来なのかは

ほとんどわからないと思います。

キャッシュレスにはピッタリの、

コンパクトなカード入れです。