2020.08.22

カードをたくさん入れる二つ折り財布 806

二つ折り財布にしても長財布にしても、

「カードをたくさん入れたい」

というリクエストほど、

製作にあたって

考える要素が多いものはありません。

 

それは、単に物理的な面と、

持ち主がどこまで何を許せるか、という

感覚的・精神的な面があるからです。

 

まず、物理的な面です。

お財布で、カード入れとして使える

面の数を、単純に考えてみてください。

 

 

使える面は

表が2面、内側が2面しかありません。

表面にカードを入れたいという人は

ほとんどの場合ありませんから、

結局内側の2面のみ、ということになります。

 

さらに、お札の大きさを考えますと、

ポケットひとつにつき

一枚ずつ入れるカード入れだとしたら

さて、何枚入れることができるでしょう?

という、しごく論理的で

明快な問いを解くだけのことです。

 

「それだったら考える必要ないですよね。」

という声も聞こえてきますが、

「…でも何とかなりませんか?」という

切実なご要望をいただくと、

なんとかせねば、という気持ちになります。

 

 

当店ウェブショップでご紹介している

「カードたくさん二つ折り財布」仕様は、

そんなご希望を「なんとか」叶えたタイプ。

 

なんとか叶えた、と言うのは

どういう意味でしょう?

 

カード入れ一面についてご説明しますと、

二つ折り財布であれば3枚か4枚

(これは財布の高さに関係します)を

一枚一枚のカードポケットに入れ、

入りきらないカード類はまとめて

別のポケットに入れる、という

発想だからです。

 

 

すべてのカードを

一枚一枚入れられるわけではないので、

「なんとか」ということになります。

 

それでも、

同じ面積で同じ面しかない

財布の中では、もっともたくさん入ります。

 

また、カードより大きめサイズの

名刺を入れることもできるようになります。

 

それをご理解くださった方からは、

こうした小銭入れの要らない財布となると、

内側の2面を、たくさん入るカード入れに

変更するご注文をいただきます。

こうしたご理解は、ほんとに嬉しいですね。

 

 

当店ウェブショップの品々は、

みなさまの欲望を叶えるアイデアの集大成。

 

どのお品をとっても、

意味あるデザインのオンパレードです。

ヤワな、デザインのためのデザインは

意味がないので、していません。

 

売り切れてしまった品々をアップするのは、

当店が、みなさまを快適にしたいお店だから。

ああ、こんなのがあったのね、

と、羨ましがらせたいわけではありません。

 

一点一点に、快適へ向けての

渾身のアイデアが詰まっていますから、

 

現在のご自分の不便を不愉快に思っている方や、

フルオーダーメイドでの解決をお考えの方、

「へえ~、こんなことができるんだ。」

「これは便利かも。」

「これは自分に合う方式かも…」

ぜひ、参考としてご覧ください!