2020.11.19

自分仕様のトートバッグ 203

当店特製牛革の育ち方がお好きで、

たくさんの小物や

複数の、毎日使うバッグを

ご注文くださってきたクライアント。

 

毎日使うものはほとんど

当店製品、という方です。

ほんとにありがとうございます、

当店製品の品質と

育てる愉しさとを

深く知ってくださって嬉しいです。

 

 

その方が今回ご注文くださったのは、

柔らかくて軽い、ルバル革を使った

触り心地の良いトートバッグです。

横幅30センチ、底芯も鋲もあり、

底の厚みも12センチありますが、512g。

 

タシのトートバッグは

以前にもお作りしています。

 

「毎日使うとなると

やっぱりトートバッグになります。

それにここの革は

育ってくれて気持ちいいので、

持つのが嬉しくて。

いつも撫でています。

 

今度は柔らかい革を

育ててみたいと思います。」

と、今回のご注文となりました。

 

 

「最近では荷物量が変わってきたので、

それに合わせた大きさにしたくて。

それと、使っている時、

中身の収まりが良いように、

決まったモノは

定位置に収められるようにしたい。」

 

このクライアントとも

だんだんと長いお付き合いになって、

生活が変わる年代に入ってきたことに

気づかされます。

 

 

よく「革は一生もの」と言われますが、

実際に長い年月生きてきますと、

使い方によってはたしかに

モノは持つかもしれませんが、

 

人は緩やかに変わっていきますから、

 

人生のステージに見合っていて、

身体が楽をでき

快適な生活を送りたいと思ったら、

だいたい10年単位で

服装や持ち物など、

生活自体の見直しを図ることが

必要となります。

 

そういう意味では、

鞄も変える時期がやってきます。

 

 

この方は

ご自分の飲み物をお持ちになるため、

それがホールドできる場所を

リクエストくださいました。

 

このバッグの両端につけたポケットが

それです。

左右どっちに入れても良いよう、

また、同じくらいの太さの

傘も入れられるようにしています。

 

このふたつのポケットには

しっかりと底が付けてあります。

「ここの一方には

鍵を入れようと思っています。

じゃらじゃらと嵩張っているので

こういうポケットなら

ザクっと取り出せるので。」

いつも新しいアイデアを

ありがとうございます。