2010.09.08

ストリングスのご紹介です。

まだまだ真夏の暑さが続く毎日ですが、

9月という月や、夕方の風のなかに、少し秋を感じるこの頃です。

本日は、読書好きには垂涎の的 「ストリングス」 をご紹介します。

このストリングス、お使いいただいた、1年ものです。

「厚い本の場合も、薄い本の場合も、

紐部分の調節でぴったりと収まっちゃうので、何となく良い感じです。

「ただ、革の紐だと気を遣っちゃうので、登山靴の紐を使ってみました。

そうしたら、強度も良いし、汚れにも強いし、

気を遣わなくても良いので、ばっちりでした!」

色の配色も個性的ですし、この登山靴の紐で、さらにその個性が増しました。

作り手では気付かない使い方をしてくださるのも、

当店でオーダーをしてくださるお客さまのすばらしいところです。

京極夏彦さんの900ページ弱が発売され始めた頃にサイズを決めましたので、

現在は、もっと厚い文庫が出ていると伺って、驚きました。

必要なお客さまには、もっと厚い本が入るようにお作りすることもできます。