2010.10.03

more than 20years  20年もののお財布

 

しばらく前に、懐かしいお客さまが訪ねてくださいました。

 

 

「これ、なつかしいでしょう? もう20年以上になるわね。

外側はボロボロになったけれど、やはりオーダーで作ったものは使いやすくて・・・

おかげさまでまだ使っているんですよ。」

 

 

 

ごく普通に使っていた、とおっしゃっていましたが、内側はまだまだきれいです。

 

 

 

そろそろファスナーは切れていましたが、お客さまの身体の一部のようでした。

 

よく 「革製品て、どれくらい持ちますか?」と聞かれますが、

こうした20数年ものがあるかとおもえば、3年でくたくたになった例もありますので、

ひと口で、どれくらい、と答えるのはほんとに難しい、といつも思います。

 

でも、長持ちさせる一番の秘けつは、

使いやすくて大好きなものだから、何となく大切にしてあげよう、

という気持ちを持つことだと思います。