2011.03.01

女性用のブリーフケースをお作りしました。

 

本日は、「自立するビジネスバッグ」ということで、

働く女性から絶大な支持をいただいている「アイブライト」の変型をご紹介します。

 

どこを変えたかと言うと、

・持ち手を長くして、肩から下げられる

・革の色を一色にする

・持ち物の量に合わせて、サイズを大きく

というところです。

 

 

 

それによって、今回のように、デザイン変化をさせる必要が出ました。

 

また、キャメルの革には、スカイグレーのウラ地を。

中を見やすくて、清潔感のあるなお色をお選びいただきました。

 

 

 

お客さまからいただいた、お受取りのご感想を掲載させていただきます。

 

************

注文のバッグ、先週金曜の夜に届き、

そのまま受け取ることができました。ありがとうございます。

とても、しっかりとした形で、何も物を入れない状態では、
軽く感じました。
A4のファイル等も、しっかり内側のポケットに収まり、良い具合です。

雪の降らない晴れた日に、2日ほど持って見ました。
とてもよいようです。肩にかけるだけではなく、
腕にかけても、また、ただ持ってもさまになるので、
3通りに持てるのが、これまでにないバッグだと思いました。

 

顔の油をつけてなでるとよいということでしたので、やってみます。
それから、革製品用の、蜜ろうのクリームもあるのですが、
これは使ってもよいですか? まだ、使わないほうがよいですか。
それから、からぶきにのときには、どんな布がよいでしょうか。

(後略)

************

 

 

ご感想と、とてもいいご質問を、ありがとうございました。

 

当店の革は、最初、水滴が染みになりづらいように、

「薄化粧」とでも表現するとわかりやすいでしょうか、そういった加工が

してあります。

 

その加工は、手で撫でてお使いいただくうちに取れてきて、

染みが少ないまま、本来の革の、ツヤの出る性質を出し始めます。

 

最初の加工がとれるまでの間は、クリームでのお手入れはせず、

手で撫でるだけにしていただくと、スムーズに本来の革の表面に移行します。

 

最初の一年間は、

雨の日は使わずに、手で撫でるだけのお手入れをお願いしているのは、

そういった理由からです。

 

当店の、もっとも革らしい革を、長くお持ちいただくために、

ちょっとしたコツを覚えていただければ、幸いです。

 

 

 

さて、これがこのバッグのもうひとついいところです。

 

外ポケットの内側には、切符や携帯電話を入れられるポケット・イン・ポケットが。。。

 

ありがとうございました。