2014.01.31

プレーンなタテ型のメンズショルダーバッグ フルオーダーメイド

 

最近 市場で見なくなった形のひとつ、

メンズのタテ型ショルダーバッグをご紹介します。

 

できたばかりのバッグを持って、

「想像したよりも ずっといい出来です、完璧。」

とおっしゃってくださったお客様。

 

オーダーなさったお客様

 

今回のショルダーバッグのポイントは、

軽くて柔らかいんだけれども、ハリがあること。。

 

こういった相反する要素をご希望いただくと、

それをかなえられる革は、当店の特別革しかありません。

 

そこで、まずは当店の革の特長をお話して、

出来上がったときの質感と、

お使いいただいて時間が経ったときの質感とをご説明しました。

 

プレーンな牛革ショルダーバッグ

 

この2枚のお写真ですと

ハリのある堅い感じに見えるかも知れませんが、

本体は、ひじょうに柔らかく薄手にお作りしています。

それでもハリのあるような質感ですから、

お客様にとっての、パーフェクトな出来上がり。

 

シンプルな革鞄

 

 

柔らかくハリがあるようお作りするためには、

先にお書きした素材の特長もありますが、そのほか

ひと手間もふた手間も掛けて、

革の厚みを調整したり、

いろいろな細工を施したりする必要があります。

 

結局は、数値として表せない、

過去に作った膨大な数のお品から、微妙な質感を引っ張ってくる

という、経験に基づいた解決方法を使うしかありません。

 

それと基本は、

お客様の一番のご希望を、きっちりと把握することです。

 

軽いショルダーバッグ

 

 

本体の口は、ファスナーで閉じるようになっています。

「あんまりたくさんのものを入れることはないんだけど、

A4サイズがぎりぎり入って、

ごちゃごちゃした小物を分けられるようにしたい。

口はしっかり閉じたものがいいですね。」

 

バッグのインナーポケット

 

 

持ち物に合わせたポケットの大きさも、ぴったり。

「とにかく手ざわりがいいですね、

思ったとおりの手ざわりと、軽さです。

こんなに軽いと 嬉しいですねえ。

 

「ここまでうまくできるなら、

懸案のお財布もお願いしたい。

気に入ったものを長く使うというのが、私の主義なので。」

 

ほんとに良かったです、ありがとうございました。