2017.07.13

レディスハンドバッグ、ホリディバッグの白

とくに夏に向けてのご注文で、

白色をご希望の方が多くなりました。

春お持ちいただくのも 素敵ですし、

最近では冬も

白いバッグを お持ちになる方が

結構いらっしゃいますから、一般的にも

白色のバッグは 増えてきたと感じます。

 

正面

 

そういった事情から、季節を問わず

白いバッグのご注文も 少なくありません。

今回は、ホリディバッグのご注文です。

 

しかし、いまだに多くの人は

「白はきれいだけれど

汚れが心配で…」と敬遠なさいます。

 

でもあまり ご心配はいりません。

 

マチ

 

適切な革を選び、

適切なケア商品を持ち、

他のお色より少し 大切にお持ちいただく、

というわずかなお気遣いで

そんなに 汚れを気にせず

長く お持ちいただけます。

 

売りっぱなしが当たり前の市販品ですと

どんな白い革を使うかわかりませんが、

当店には長い歴史がありますから、

使っていくと

どんな革が 白い色として良い革なのか、

を 経験的に知っています。

 

外ポケット

 

今回 お選びしたのは

水にぬれてもしみこまないタイプ、

「ウォータープルーフの白」です。

 

汚れもつきにくく

付いた汚れも落としやすいのです。

納品時には

効果の高い 汚れ落としをお付けしています。

 

革のお手入れ用品にも

たくさんの種類がありますから、

何を選ぶのかも難しいところです。

 

でもそんなことは、当店にお任せください。

 

持ち手

 

先日ご紹介したエブリディバッグの白は、

今回のこれとは違う革です。

それは、クライアントの

型押しに対する お好みの違いでした。

 

あちらはウォータープルーフではありませんが、

優しい、少し淡い 型押しなので

それぞれ、サイズとイメージに見合った

素材の選択だったと思います。

同じように 汚れが付きにくく、

落としやすいタイプの革です。

 

どちらも、使っていって

黄ばんでくるまで時間がかかり、

それが露骨な黄ばみではないので、

普通の市販品に比べ

きれいにお持ちいただけます。

 

内側

 

長年 その革を使ってきたからこそ

自信を持ってお薦めできる白色。

 

自店でお品を製作している

お店のキャリアの長さは、

技術力だけでなく

経験に基づく知識を

たくさん有していることに直結しています。

 

出来上がりのお品をご覧いただき、

この知識の力を ご理解くださり、

遠方から ご相談のみで(面談なしで)

毎度ご注文くださる

クライアントのみなさまにも、

心から感謝を申し上げます。

 

きっと今、この白いバッグを

楽しくお使いくださっていることと存じます。

ありがとうございました。