革製品のオーダーメイド 銀座 オーソドキシー

Order example

2013.09.20

オーダーメイド、ダブルファスナーのメンズポーチ

 

最近 見なくなった形として、

下のお写真のような、ダブルファスナーのポーチがあります。

 

このたび、久しぶりにご注文がありました。

当店定番でもご用意あります ので、

このタイプの メンズクラッチバッグや ポーチ をお探しの方は、ご覧ください。

WF2

 

 

特に 男性の方には、

「いま現在使っているこのバッグ」というような

「この○○」 というスペシャルグッズがあるのだと、いつも感じます。

 

それは、お財布だったり、今回のようなクラッチバッグであったり、

文房具であったり、と 種類こそさまざまですが、

とにかく、 自分が快適に使える道具としての革製品を、

人生の友として、愛してやまない方々が たくさんいらっしゃいます。

 

WF3

 

 

先日も、栃木レザー(株) とは違う革やさんと話したのですが、

「いや~、特に ここんとこ ほんと 原皮が悪くて、

キズも多く、厚さもなくて。。大変です。

もう 顔料を切らないヌメ革は、作ることが出来ないでしょうね・・・」

 

当店の特製牛革は、乱暴な言い方で簡単に言っちゃいますと、

そのヌメ革と同じタイプの作り方をしています。

だから、エイジングして、使った方が かっこよくなる!

顔料は、こんな時代でも 最小限にとどめています。

ですから、いま、一番 市場に出回っていないタイプが、これ。

 

それは、前出の革やさんが言っているとおりの理由もありますが、

もうひとつ、量産品の作り方だと、工房ラインに載らないので、

顔料をたっぷり盛って、加工しやすくする必要もあります。。

ですから、量産品を作っているところには、

あんまり関係ない革の品質の変化かも知れませんね・・・

 

当店が 栃木レザー(株)さんに作ってもらっている品質は

特別な製作方法と、

革の使用量が少ないこと (つまり、製作量が少ない、という意味です)、

との二点で保たれています。

 

貴重な革だからこそ、きちんと、丁寧に作る。

そして、長く使っていただく。

 

いまこそ 基本に返ることが 必要な時代ではないでしょうか。

関連記事

  • エクスペリア用スマホケース 902

  • いまでは、あまり市場で見つけられない、ショルダーバッグ。

  • 「システム手帳」

同様のアイテムを見る: