革製品のオーダーメイド 銀座 オーソドキシー

Order example

2023.01.24

三個目をご注文いただいた究極のビジネスバッグ 212N

とにかく革製品の好きなクライアントで

長いお付き合いをいただいておりますが、

ここへ来て

「私も90歳になりますから、

これをきっちりしたバッグにしたいと

思っています。」

ありがとうございます。

 

 

 

*一代目のバッグ

 

 

この方は今まで毎回、どこかから

ご自分の荷物を入れるのにちょうど良さそうな

サイズのバッグを入手しては、

それをしばらく使って、

そのサイズや仕様を基準に

ご注文くださいます。

そこにプラスして、欲しい機能を

ご説明くださいます。

 

その合間に

ちょいちょい新しい試みを考え付くので、

そこから、この1本手のバッグの

一代目が誕生しました。

 

最初は、え、この持ち手でいいの?と

思ったのですが、

「狙い通り使いやすいです。」とのことで

三代に渡って踏襲しています。

 

 

 

*二代目のバッグ

 

 

 

この方を見ておりますと、

使いやすさは十人十色だと

あらためて認識します。

また、発想の柔軟なこと。

 

三代使う中で

変っていったのは、サイズです。

少しずつ変えていき、

今回のサイズが一番大きくなっています。

 

三代目の大きさのタテの基準は、

後ろのファスナー外ポケットに

ぎりぎりA4サイズが入ること。

生活が少しずつ変わったことが、

目に見えてわかるご注文内容です。

 

90歳にして未だ現役で

お仕事をしてらっしゃるお姿を拝見しますと、

人は年齢ではないな、と思います。

 

守るべき人たちがいる方なので、

(ご自分では

そういう言い方はなさいませんが)、

一層しっかりしてらっしゃるのだと感じます。

 

 

 

*二代目と三代目のバッグ

 

 

 

上のお写真をご覧いただきますと、

ヨコ胴の青い部分に

タテにステッチが入っていますが、

この部分、内部に仕切りをお付けしました。

 

厚みが結構あるバッグなので、

二つに分けた方が使いやすい、と

ご自分で

市販品を使ってシミュレーションをし、

今回のご希望となりました。

 

 

 

*三代目の変更点、仕切り

 

 

わかりにくいかもしれませんが、

仕切りにはファスナーポケットもあります。

このポケットの大きさも、

中に入れるものから引き出したサイズです。

 

使いやすい使いにくいは、

どこに何を入れたいか、

そしてそれを収める場所によって

決まるのだと、あらためて思います。

 

このように作られた鞄は、

まさにパーソナルなオーダー品です。

他の誰が、使うことができましょう?

 

 

 

*三代目の変更点、後ろ外ポケット

 

 

ご希望いただいたサイズだと

ほんとにぎりぎりでA4が入るのですが、

「いつもA4を入れるわけではないので、

ギリギリで良いですよ。」

ということで決めたサイズです。

 

当店の通常のサイズ決めですと、

少しゆとりを見て、

出し入れしやすいサイズをご提案します。

 

でも、なるべく小さくしたい、という場合

この方のように事情を伺って

話し合ってからサイズをお決めいただきます。

 

いずれにせよ、

卒寿のお誕生日までに間に合った製作ですが、

とにかく今までのようにお元気で、

いつまでも使っていただけるよう

心から願っております。

ありがとうございます。

 

 

関連記事

  • おにぎり型のボストンバッグ

    おにぎりボストンのフルオーダーメイド

  • 電車に挟まれてしまったリュックの再生

    電車に挟まれてしまったリュックの再生

  • 2008年版/超整理手帳用カバー「パピヨン」1点もの

同様のアイテムを見る: