革製品のオーダーメイド 銀座 オーソドキシー

Order example

2014.10.14

革の教室 今日の製作風景

当店の革の製作教室では、

週1回のペースで

生徒さんに製作をお教えしています。

 

他の一般的な教室では、

すでに型紙が存在して

決められた革で、パーツを取るところから始まります。

 

 

当教室では、

型紙は存在しません。

 

一人ひとりの生徒さんが作りたい形を

それまでのテクニックの中で作ってもらいます。

 

ですから、どうしたら

その人が作りたいものを作れるか、を指導します。

もちろん型紙も、生徒さんに作ってもらいます。

 

 

初回は革を切る練習からですが、

丸や三角、四角い形で綺麗に切ることすら、

最初はとても難しいと感じるでしょう。

どうしてこんなに手が動かないのか、とも感じるはずです。

 

それでも楽しく、長く続けられるのは、

自分の作りたい形を作ることができるからです。

 

講師は、きちんとその形ができるようにアドバイスします。

だからみんな笑顔で、熱心に参加しています。

これが、オーソドキシーの教え方。

関連記事

  • クロコダイルの革小物

    クロコダイルのペンケースとノートカバー

  • 「エルム」タイプのブリーフケース

  • 超整理手帳カバー 「ザ・デュアル」のお直し

同様のアイテムを見る: