革製品のオーダーメイド 銀座 オーソドキシー

Order example

2021.07.15

小銭入れとお揃いのファスナー長財布

前回ご紹介した小銭入れですが、

じつは、お揃いのファスナー長財布を

お作りしています。

 

ご注文の当初は

小銭入れを所望くださったのですが、

革の柄が個性的なことから

「お揃いにすると良いのでは?」

という展開になりました。

 

 

こうしてご覧いただきますと

単品でも充分迫力ある仕上がりです。

 

今回のファスナー長財布は

幅の広いファスナーを使って

厚みを25ミリにしていますから、

お色のコントラストがはっきりと出ます。

 

 

当初、内側は

裏地専用の型押し革にする予定でしたが、

外回りを作り上げてから

さて、といざ見て見ると、

 

いやいや、やはり表用の革を使おう、

となったほどの存在感です。

 

 

余談ですが、

内側に外側用の革を使うのは

普段はほとんどしません。

 

というのは、

裏地使いへの変更加工が大変なこと、

ちょっとだけ厚みが増すこと、

ちょっとだけ重くなること、

と、三つの理由があるからです。

 

 

しかし、これほどのお品物であれば、

ちょっとくらいは…と、独断で

革を変更させていただきました。

 

体格の良いクライアントなので

とくに問題ないと思っての変更です。

おかげさまで、パーフェクトな仕上がり、

美しいお財布になりました。

 

クライアントがご覧になって

気に入ってくださったのは、

何度もオーダーしてくださる方なので、

私どもの作業をご理解くださっているから、

と思います。

 

いつもありがとうございます。

関連記事

  • 携帯電話ケース

  • 「ピローバッグ」

  • 三代目、札バサミ

同様のアイテムを見る: