革製品のオーダーメイド 銀座 オーソドキシー

Order example

2021.10.1

初めてのアウトドア用ベルトをお作りしました。10607

お気に入りのバックルを持ち込み、

ぴったりサイズのベルトを

ご注文いただくことは、最近では

ポピュラーなご注文となっています。

 

バックルにはいろいろなタイプがありますが、

本日ご紹介するようなバックルは

40年間で、初めて拝見しました。

 

 

出来上がりをご覧いただきましたら

「どこが珍しいんですか?」と

言われそうですが、

どうぞ裏面をご覧ください。

 

 

上のお写真はバックルを外して

表から見たところです。

 

 

さて問題は、上のお写真。

バックルに何やらくっついています。

 

これはアウトドアで

森の中や藪の中を歩く時に

枝を払ったりするナイフだそうです。

 

そのナイフとバックルが一体化していて、

ベルトも留めることができるように

出来上がっています。

 

クライアントは大型犬とともに

草深いところを毎日散歩するとのことで、

実際に足元の危うい藪を払うのに

とても便利な使い勝手だそうです。

 

 

「もともとのベルトはアメリカ製ですが、

ただもう今は作られていないです。

それで、どこかで作ってもらえないかと…

大型犬のリードもくっつけて

実用的な使い方をしているので、

消耗も激しく、そろそろ

新しいものが欲しい頃合いになりました。」

 

アメリカのアウトドア、おそるべし!

こんな発想は初めて拝見しました。

とても興味深いご注文をいただけて、

大変でしたが、楽しかったです。

ありがとうございました。

 

関連記事

  • メンズクラッチバッグのフルオーダーメイド

  • ベルトと一体型のウエストバッグ(ポーチ) 94

  • カラフルな「ジーヴズ」(ファスナー式財布)

同様のアイテムを見る: