革製品のオーダーメイド 銀座 オーソドキシー

Order example

2021.11.16

札を20~30枚入れる、オレンジ色の長財布 108N

 

以前、長財布をお作りしたクライアントから、

「とても良かったから、

プレゼントで

同じ革の長財布を作りたいのですが。」

と嬉しいご連絡を頂戴しました。

 

冴えたきれいなオレンジ色の長財布ですから、

喜んでいただけるプレゼントになるでしょう。

「少し仕様を変えたいので、

ご相談に載ってください。」

 

 

 

 

前回は100万円入る札入れでしたが、

今回は20~30枚ほど入れば良い、

というご希望です。

 

サイズとしては前回

「なるべくコンパクトに、

なるべく薄く」という

リクエストをいただきましたが、

そこは今回も同様です。

 

 

 

 

ファスナーの小銭入れもお付けしましたが、

かなり薄く、コンパクトに仕上げました。

 

この「コンパクトに」というご希望は

よくいただくのですが

かなりの曲者で、

 

どれほど小さくすることができるかは、

長財布の場合

どれだけ札や小銭を入れるか、

にかかっています。

 

 

 

 

上のお写真と

下のお写真を、比べてご覧ください。

 

上は今回の20~30枚用で

下は前回の100枚用です。

 

ご要望内容によって、

ふたつの長財布は、タテxヨコの寸法も

変わります。

 

そして、どちらの枚数に対しても

2~3種類の製作方法がありますから、

そこは、それぞれのご注文者が

何を第一条件としてお考えか、によって

毎回変えています。

 

 

 

 

フルオーダーメイドでは、

ほんの少しご要望内容が変わるだけで、

 

同じアイテムであるにも関わらず、

出来上がりの寸法はもちろん、

構造自体もまったく違うモノになります。

 

「コンサルティングをしていると、

頭の中でカチャカチャと、

出来上がり品の姿が

どんどん変わっていくのよね。」

とは、デザイナーの弁。

 

ここまで複雑になってきますと、

AIに学習させるのが良い業種なのかも、

とも思いますが、

ご注文者の微妙なニュアンスまでつかむには、

やはり人間の感触が必要だと感じます。

 

関連記事

  • 新作 文庫カバー

  • ハンティングショルダー

  • 15年ものの 「タンバリンバッグ」

同様のアイテムを見る: