革製品のオーダーメイド 銀座 オーソドキシー

Order example

2022.01.9

きれいなブルーのiPhone13miniケース 112N

 

一機種のスマホを長くお使いになる

クライアントのみなさまからは、

2代目、3代目の再注文をいただきます。

ありがたいことです。

 

形に関しては、

タテ型の方もヨコ型の方もいらっしゃいます。

今日は2代目のオーダー品、ヨコ型です。

 

 

 

 

この方には他のお品も

いろいろお作りしましたが、

今までずっと当店特製牛革を

お使いくださっていましたので、

今回は少し変わったお色が良さそうな

感じでした。

 

こちらのクライアントも

一度もお目にかかっておりませんが、

私どもの方は親近感を持っております。

いつもありがとうございます。

 

 

 

 

ブルー系をご希望いただきましたので、

いろいろと探したところ

このきれいなブルーが在庫にありました。

他のブルーと併せて革見本をお送りしての

ご決定です。

 

きれいなお色の革は

柔らかくてコシがないことが多いですが、

こちらもそのタイプの革でしたから、

ちょっとした技術を使って

しっかりした質感をしつらえています。

 

何回もお書きしましたが、

牛革という素材は、

ほんの少し作り方が違うだけで、

まったく違う性質の革になります。

 

 

 

 

当店では、

触り心地やお色など、別々の要素で

みなさまにお選びいただいた革はすべて、

それぞれの革に

もっとも適した製作方法でお作りします。

 

それで、気持ち良い触り心地で

アイテムに合った質感を

作り出すことができます。

 

お料理に例えますと、

あるひとつの食材(同じ素材)でも

フレンチ、イタリアン、和食、エスニック…

と料理別に使い分けるイメージ。

 

出された素材を、

下処理から切り方、

火の通し方、味の入れ方まで

その国のその料理に合わせて

すべてを変えて、

最高の出来上がりにします。

 

関連記事

  • バッグを作る革は、どれくらいの量が必要?

    バッグを作る革は、どれくらいの量が必要?

  • オーダーメイドのノートカバー

    フルオーダーメイド 「B5サイズのノートカバー」

  • エブリディバッグのメタモルフォーゼ

同様のアイテムを見る: