革製品のオーダーメイド 銀座 オーソドキシー

Order example

2022.03.5

音叉ケース 112

 

お写真ではなかなか伝わらないと思いますが、

今回ご紹介するのは、音叉ケース。

 

現在お手持ちの

音叉とケースをお見せくださったので、

そのまま型紙を取らせていただいて

型紙づくりを省かせていただきました。

 

余談ですが

今回のように微妙なサイズで、

入れ具合を試さなくてはならない

アイテムに対しては、

 

型紙となるものをお持ちいただければ、

その省ける部分のオーダー料金が

かからなくなりますし、

出来上がり品の大きさも

うまく収まることがわかっていますから、

オーダーのしかたとしては、お勧めです。

 

 

 

 

「市販品に付いているビニールケースは

すぐに壊れてしまうので、

長持ちするものが欲しくてオーダーします。」

 

たしかに、いろいろなケースが

さまざまなアイテムには付いてきますが、

おまけ程度なので

ほとんどがビニール製だったりします。

 

 

 

 

長く使えるうえ、

触って気持の良い手触りになる

当店特製牛革にぴったりのオーダー品です。

 

同じものを長く使うことができれば、

もうそのアイテムについて

考える必要がなくなります。それは、

 

忙しい生活をしている方や

自分のやっていることに集中したい方には、

最適の問題解決方法です。

 

 

 

 

「またこれを探さなくっちゃ。」

「また壊れちゃった…」

「どこかに丈夫な良いケースはないかしら?」

という杞憂から解放されるには、

オーダーメイドが最高の解決策です。

このたびはありがとうございました。

 

関連記事

  • HP改編について

  • iPhone と メモノートをホールドするカバー

  • お作りしたほぼ日手帳カバーのその後

同様のアイテムを見る: