革製品のオーダーメイド 銀座 オーソドキシー

Order example

2010.02.26

テーマ:持ち手とウラ地

持ち手とウラ地を付けましょう、というテーマ(もうバッグですよね)の作品です。
「パーツや工程が増えて混乱しちゃいました」
と、ひとつの山場を迎えたKさん。
しっかりと、後から読み返して解るようなノートの取り方をすれば、大丈夫です。

関連記事

  • お作りしたほぼ日手帳カバーのその後

  • 革の制作スクールの歴史

  • コードバンのメガネケース 88

同様のアイテムを見る: