革製品のオーダーメイド 銀座 オーソドキシー

Order example

2022.05.17

8年ほどお使いいただいた二つ折り財布

 

「2013か2014年くらいに作っていただいた

二つ折り財布ですが、

糸が解れてきたので直してください。」

よく使っていただき、ありがとうございます。

 

拝見しますと、

糸が切れているのは、札入れ部分の

外側の折れ曲がるところ。

 

ここは一番消耗の激しい部分ですから、

やはりここか… という場所です。

 

 

 

 

丁寧な扱いの方のようで、

後はほとんど何ともないことから、

30分ほど近辺をぶらついていただき

その日のうちにお渡ししました。

 

「毎日使っているものなので、

今日修理をお願いしてすぐに受け取れるのは

とても嬉しいです。

てっきりお預けするものと思ってました。」

 

こういうところも

アトリエ隣接のメリットです。

不自由な思いを

なるべくしないでいただきたいですから、

その場で直せるものはお直しします。

 

ただし、必ずご予約ください。

技術者たちは

自分の製作物に集中していますから、

最初から予定を立てて動くことで

より良いものをお作りすることができます。

 

 

 

「どこをどう直したか

まるっきりわかりませんね。

すごいなあ。

まだ当分使うつもりです。」

 

手で撫でてくださったお財布は、

とても美しい経年変化をしていました。

ありがたいことです。

末長くよろしくお願いいたします。

 

 

 

関連記事

  • CLIE T600用ケース

  • 製作が難しかったタテ型のパスケース 98

  • オーダーメイド社員証入れ

    定番社員証入れの複合型 パターンオーダーメイドの変型

同様のアイテムを見る: