革製品のオーダーメイド 銀座 オーソドキシー

Order example

2022.07.25

柔らかいルバル革のマチありカード入れ(名刺入れ) 20506

 

「こんなにたくさんお入れになるんですね!」

拝見した見本のカード入れは

本来名刺入れとして使うケースですが、

クライアントはカード入れとして使い、

これ以上ないくらいたくさんのカードを

お入れになっていました。

 

 

 

 

「ええ、

柔らかい革なのでたくさん入って

馴染んでいい感じではあるのですが、

もうそろそろ見た目が…」

 

見本は柔らかい革で

充分に革が伸びて、多くのカードをうまく

収めています。

こんなにたくさん入るのは、

元々が名刺入れだからです。

 

 

 

 

柔らかい革を、というご希望ですから、

磨き仕上げの小物ですが

今回はルバル革をお薦めしました。

 

ルバルは最初から柔らかい革で

肉厚のため、バッグ製品であれば

柔らかくなり過ぎないのが長所ですが、

 

小物で毎日ハードに使うものとなると

早く消耗しますから、

全体をもう少ししっかりさせる加工を

施すことにしました。

 

 

 

 

当店の製品はどれも

表面的にはシンプルに見えますが、

使い方や要求された質感に合わせて

細かく製作方法を変えています。

 

今回のカード入れは、

柔らかくてもしっかりした仕上がり。

 

同じ見た目をしていても

各クライアントの使い方やお好みの質感が

違えば、触った感じはまったく変わります。

 

 

 

 

その感覚をお写真でお見せすることは

出来ませんが、

それぞれのご依頼者に触っていただきますと

「これこれ、この感じです。」

とご感想をいただきます。

 

あとは、使っていただくことで

必要に応じて革が馴染んで行ってくれます。

 

使っている方の身体の一部になるような

革製品は、

何気なくその人の周りにある

空気のような存在になります。

そんな製品づくりが、当店の理想。

このたびはありがとうございました。

 

関連記事

  • 「クオ・ヴァディス」用手帳カバー

  • 正面

    ねこリュックバッグの完成

  • リザード革のポーチ

    バッグ・イン・バッグのリザード「スィーベル」

同様のアイテムを見る: