革製品のオーダーメイド 銀座 オーソドキシー

Order example

2022.10.22

身体を楽にする、大きくても軽いビジネスバッグ 20708

「このバッグをずっと使ってきましたが、

残念なことに、少し小さいのです。

 

今まで使ってきて

これ以上のバッグはありませんでしたから、

同じ形で大きくして作っていただこうと。

ただし、軽くしていただきたいことが

第一条件です。

最高に重くても、

今持っている現物の重さまででできますか?」

 

 

 

*フタはマグネットで留まります。

 

 

 

なんと難しいご依頼でしょうか…

作れるか作れないか、という判断とともに、

現物より大きくしても

現物以上の重さになってはいけない、

という縛りです。

しかも、現物は大きさの割に軽くできています。

 

構造的な製作可否を考えるとともに、

ある程度正しい重さを

お出ししなくてはなりません。

 

 

 

*マチも見本に準じた割合で作っています。

 

 

 

見本バッグの大きさは

ヨコ355x高さ290x厚み135ミリ。

ご希望サイズは、

ヨコ400x高さ310x厚み200ミリ。

 

ヨコ幅は別として、厚みは

ビジネス用としては、今までで最高の厚みです。

ということは、とにかく

たくさんモノが入るバッグ、ということ。

一般的には長方形のバッグで、

これ以上の高さサイズはあまり見かけません。

 

 

 

*これが20センチ厚みのある底面。

 

 

 

それで軽く作る、となると

このバッグの構造からしますと、

さまざまなところに補強を入れることになります。

 

見た目は

シンプルデザインに見えるかもしれませんが、

中にはかなりたくさんの補強が施されています。

 

このコラムで何度もお書きしているように、

入れる荷物が重ければ重いほど、

保ちをよくするために

バッグの自重を

荷物に合わせて重くする必要があります。

 

でも当店へのご依頼品は、ほとんどが

そういう単純な方法では製作できませんから、

要所要所をできる限り補強していくことになります。

 

 

 

*内側はシンプルに見えますが、
マチを内側に折れ込ませて形づけています。

 

 

また、

ご注文が入るか入らないかという段階で、

ある程度正確な重さまで出す、

というのは、至難の業です。

ご注文が入って、ほんとに良かった。

 

おもしろいことに

先日ご紹介したメンズトートバッグと

同じような前ポケットの作り方で、

ご注文において、このように

しばしば同時期に起こる

シンクロニシティのおかげで、

とてもいい感じで出来上がりました。

 

 

 

*厚みのあるものも入る前ポケット。

 

 

このバッグは

あるブランドがかなり前に作ったバッグですが、

とても変わった構造をしていました。

「とにかく同じに作ってください。」

というリクエストです。

 

同じように見えながら

もっと丈夫な作り方を、と模索しましたが、

今回も使い勝手と形は連携していることから、

同じ製作方法を採らざるを得ませんでした。

 

この製作方法は、大変なことに

本体に補強を入れづらいタイプでしたので、

できるだけの手を打ち

重さに耐えるようにしました。

 

 

 

*後ろ面にはポケットもあります。

 

 

 

ご希望いただいた自重は

見本バッグより少し軽いくらいにできました。

お渡しして心配なのは、

このバッグの容量がとても多いことです。

背が高くてもきゃしゃなクライアントでしたから、

このバッグを

満杯にしてお持ちになることを想像しますと、

将来的にだんだんとお荷物が少なくなるよう

願う気持ちが大きくなります。

 

そしてこれだけのお荷物を入れて

ご自分で持ち運ぶのであれば、

バッグの自重はこれくらい軽くないと

持てないだろう、ということはよくわかりました。

うまくお役に立っていることを祈っています。

 

関連記事

  • メンズクラッチバッグのご紹介です。

  • 雑誌パートナー掲載のコンパクトお財布ジーヴズ

  • オレンジ色の手帳カバー 82 

同様のアイテムを見る: