革製品のオーダーメイド 銀座 オーソドキシー

Order example

2022.10.20

オーストリッチやゾウ革、そして当店特製牛革の財布やシステム手帳などの小物たち

久しぶりにおいでくださったクライアントは、

5~6年前に

たくさんの小物をご注文くださいました。

 

「こんな風になりましたよ。」

とその日お持ちの小物を見せてくださったので、

集合写真と各アイテムのお写真を

撮らせていただきました。

エキゾチックレザーもありますから、

みなさまも経年変化をご覧ください。

 

 

 

 

それにしても

たくさんお作りいただけたものだと

心から感謝申し上げます。

 

このように

どんどん使ってくださっていることが

とても嬉しいです。

どの革も触り心地が良いことが

また特にありがたいです。

 

 

*当店特製牛革のベージュ

 

良いテリが出ていて、

いかによく撫でてくださったかがわかります。

「でも少し前にバッグに入れていたら

ちょっと水ものが付いてしまって、

そのシミがまだ気になりますが、

これからどんどん撫でていって

目立たないようにしたいと思います。」

ありがとうございます。

 

 

*ブラックで深い柄の美しいゾウ革

 

こちらも、そろそろ革の表面が寝てきて

だんだんとツルツルになってきています。

表面がザラザラからツルツルになっていくと、

まったく違う表情が出てきます。

 

これくらい深い柄の革は

今はなかなか見つけられないので、

良い時にご注文くださったと思います。

 

 

*2017年、ブルーのオーストリッチ革

 

毛穴のツブツブのつやがとても良く出て、

地の色も濃くなっています。

これほど色が濃く変わるなんて

よく撫でてくださいました。

このように手の平に入るくらいの小物は、

手で撫でやすく

育てやすい大きさかもしれません。

 

 

*明るいグレーのゾウ革のシステム手帳

 

こちらは明るいグレーでしたから、

良く触る場所が先に色濃くなってきます。

 

これからは

他の部分も意識的に触っていただくことで、

濃くなったところと同じように

他の部分を変化させていくと、

全体にバランスの取れた色のトーンになります。

 

いまはこの色のゾウ革はほとんどありません。

こちらも

良い時期にお求めいただいたと思います。

革は、ほんとに一期一会だと感じます。

 

 

*当店特製牛革のブラック

 

当店の革質のブラックは、意識せずとも

どんどんツヤ良く変化してくれます。

お手入れをとくに気にしなくて良い革、

と言えるかも知れません。

 

それでも、使っている時

よく撫でてくださっているかどうかで、

育ち方に差が出ます。

愛を持って接してくださる方には

見惚れるほどのツヤを見せてくれます。

これまでもありがとうございました。

これからもよろしくお願いいたします。

 

関連記事

  • くつろぎバッグ(トートバッグ)

  • ボトル(ウイスキー フラスコ)ケース

  • フルオーダーでお作りした、ファスナー式お財布です。

同様のアイテムを見る: