革製品のオーダーメイド 銀座 オーソドキシー

Order example

2022.12.3

オーガーナイザー、または長財布機能と一緒になったシステム手帳のご注文 209N

「オーダー例に載っている

このシステム手帳が

自分の欲しい形にぴったりなのですが。」

遠方からのお問い合わせを頂戴しました。

 

メールのやりとりをしていきますと、

ほとんど同じ仕様で良いのですが

少し改変したい内容もあるご様子です。

 

 

 

 

 

 

「持つ時、

手を引っ掛けられるベルトがあると良いですね。

それから、システム手帳部分を

ペン挿しを使って留めるタイプにしたいです。」

 

ご希望がとても明快な方でしたので、

あっという間に変更点も決まりました。

 

 

 

 

 

 

持ち手の長さですが、当店では、

持ち主の体格と手の特徴をお尋ねしてから

全体の長さを決めます。

少し短いくらいでお作りし、

革ですから

使っていくうちにちょどよい長さになります。

さて、こちらのお品は

うまく作動しているでしょうか?

 

 

 

 

 

 

前回作ってから15年ほど経っていますから、

革もその他の材料も

かなり質が変わってきています。

 

どの材料も少しずつ変化していくため、

ある時気が付くと

「昔とはずいぶん違う…」と

その違いに驚く時があります。

 

そういう材料の変化の積み重ねで、

製作方法もずいぶんと変わります。

 

 

 

 

 

 

また、時が経つことで

自分たちが目指す製品に望む姿が

変わってきたこともあって、

材料一つひとつの扱いを変える必要が出ます。

その結果、たとえ同じ製品であっても、

全体の加工の仕方は

年月が経つうちに、どんどん変わります。

 

 

 

 

 

 

そんなこんなで、昔作ったものを

再現して作ることがどれほど難しいか、

今回改めてよくわかりました。

 

外からは製作の苦労がわからないように

お作りするのがプロですから、

そのようにお作りしています。

 

それだけに

この製品がうまくお役に立つことを、

心から願っております。

この度はありがとうございました。

 

 

関連記事

  • プレゼント用のアクセサリーケース

  • お財布修理

    パターンオーダーメイドのお財布、修理編

  • A7ノートカバーwith名刺入れ 「オール・イン」

同様のアイテムを見る: