革製品のオーダーメイド 銀座 オーソドキシー

Order example

2022.12.13

丸6年お使いいただいたリザードジーヴズ、コンパクト財布

遠方から製品ご愛用者のクライアントが

ご来店くださいました。

「35歳で独立して、

その記念として買ったのがこの財布ですが、

使いやすくて小さくて、最高です!

 

節目もあって、そろそろ後継ぎを

注文しようかと思っていますから、

今日は実際に革を見ようと

来店予約をしました。」

ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

リザードの次に気になった革は

ゾウ革とクロコダイル。

若々しいクライアントなのと

気に入った革があったのとで、

クロコダイルは却下になりました。

 

その方の個性によって

似合う似合わないが顕著に表れるのが、

エキゾチックレザーです。

 

 

 

 

 

 

しかもゾウ革には

ネイビーの美しい斑柄の革があったので、

これはもう出会いです。

「これで注文時期を決めますね!

いつまでだったら

指定部分の革を取っておけますか?」

とお尋ねをいただきました。

 

ある程度の大きさの革であれば、

当店フルオーダーメイドなら、

お好きな柄の部分を

ご指定いただくことができます。

 

 

 

 

 

 

「この革のこの部分で欲しいという方が

他においでにならなかったら、

極端な話、いつでも大丈夫です。

長保ちするもので高額なものですから、

よく考えていただく方が良いと思います。

 

ただ一点申し上げたいのは、

革の新しいうちに仕立てて

どんどん使う方が、革は良い状態を

永くキープできますよ。」

デザイナーの答えは、いつもシンプルです。

お考えに必要な事実をすべて申し上げて、

その積み重ねを

みなさまにご判断いただきます。

 

 

 

 

 

 

「私はお尻のポケットに入れて使うので

こんな感じになりましたが、

まだファスナーの開け閉めもスルスルしてるし、

この財布にはとても満足しています。」

 

一緒においでくださったお連れ様からも

「このお財布、小さくて良いですね。」

とご好評をいただきました。

色違いでお考えくださるそうです。

 

こうしたリピーターの方のお訪ねは

いつもとても嬉しいものです。

皮→革のお話や、

「お手入れ」の元来の意味など、

たくさんの情報を聞いていただきました。

ありがとうございました。

 

関連記事

  • 白い牛革のショルダーバッグ

    一点ものショルダーバッグや、手帳カバー、iPadケース

  • 一枚革のオーダーベルト

    一枚革の限定ベルト(ご用意数は5本)

  • きゃしゃな女性用腕時計用ケース 209N

同様のアイテムを見る: