革製品のオーダーメイド 銀座 オーソドキシー

Order example

2023.01.22

年に一回の黄色い長財布の新調 21107

年に一回、

イエローの長財布をご注文くださる

クライアントがいらっしゃいます。

ああ、またその季節がやってきたのかと

感謝の気持ちを新たにします。

 

あらかじめわかっていることですから、

そのクライアントのため特別に

イエローの革を

1年かけて物色しておきます。

 

もしみなさまにも、

1年かけて革をご用意しても良い案件が

あるのでしたら、ご相談ください。

 

 

 

 

 

 

今年の革はハイブランドのイエローです。

この方のご注文内容には

「裏地もイエローに」というご要望があって、

それが案外難しいリクエストです。

 

当店では「切り目仕上げ」という名前の

研き仕上げをしていますから、

裏地も革である必要があります。

 

裏地を革にすることで、

市販品よりもずっと丈夫な製品になります。

そのうえ、軽くて

サイズ的にも

コンパクトに仕上げることができますから、

この方法は、見た目だけでなく、

ハイクラスの仕上げ方です。

 

 

 

 

 

 

ところがこのやり方だと、普通の

量産品のライン生産には載りません。

一部のハイブランドの製品の中にだけ、

見つけることのできる作りです。

 

それは、製作に技術と時間が必要で、

またそれだけでなく

その技術を会得するのにも

時間がかかるからです。

 

そして、肝心の裏地用の革ですが、

裏地として使う革は、

表に使う革とは

「要求される質」がまったく違います。

 

 

 

 

 

 

量産品を製造し売ることのできる

ハイブランドであれば、

目指す製品用に

裏地に向いた特別な革を

新たに作ることができますが、

 

当店のように

どんな製品も1本しか作らないお店が

特定の色の裏地用の革を

1枚だけ入手するのは、とても難しいことです。

 

同じことは金具の入手に対しても言えて、

ハイブランドは数を売ることができますから

金具もオリジナルで作ることができますが、

1本限りの製品を作るフルオーダーメイドでは

とてもそんなことは出来ません。

 

それでも

クライアントのご意向に沿った材料を

なるべく見つけたいと、

何度も問屋さんに足を運び、

素材の使い方にギミックを加えるなどして

完成させています。

 

今年もこのお財布がこのクライアントに

幸運を運んでくれるよう、

心から願っております。

 

 

関連記事

  • エルム(ファスナー式手下げ鞄)

  • 3分割できる名刺入れ、カード入れのオーダーメイド

  • きれいなイエローのXperiaケース 201N

同様のアイテムを見る: