革製品のオーダーメイド 銀座 オーソドキシー

Order example

2023.03.26

コンパクト財布、上品パープルのクロコダイル札ばさみ 30106

2010年から、2年に一度

お財布をご注文くださる

クライアントがいらっしゃいます。

長いお付き合いをありがとうございます。

 

その方をイメージさせるシックなパープルが、

最初のご訪問から

干支が一回りとちょっとしたところで、

入荷することができました。

しかもクロコダイルです!

長い長い革の探訪でした。

 

 

 

 

 

 

2010年ころといいますと、

きれいな色の革は

退色が避けられない状態でした。

ですから、ブルーやイエロー、ピンクなどを

ご希望いただきますと、

お探しすることが苦痛ですらありました。

 

当時そういう革は

せっかく苦労してお作りしても、

何年かすると恐ろしいほど

色が変わってしまいましたから、

そのことをご説明し、なるべく

他のお色に変えていただいておりました。

 

 

 

 

 

 

あらためて長い目で見てみますと、

現在では

海外のハイクラスの革が

入ってくるようになったこともありますが、

日本の革づくり自体もかなり変わり、

色の安定はすっかり改善されました。

喜ばしいことです。

 

本日のシックなパープルのお財布は、

このクライアントにお会いしてからずっと、

この方にもっともお似合いのお色だと

デザイナーが思っていたそのもののお色です。

やっとお作りすることができました。

 

 

 

 

 

 

色だけでなく、仕様に関しても

この13年の間に

キャッシュレスになったことで

お財布事情はずいぶんと変わりましたが、

それはこちらのクライアントにも

だんだんと影響してきました。

 

当初は驚くほどたくさんの

カードなどが入る長財布を

お作りしてきましたが、

ここ数回は、

どんどんコンパクトになっています。

 

今回の札ばさみには

珍しいご要望が入っています。

それは、

3枚目のお写真にあるレシートばさみ。

全体の大きさをなるべく小さくしたまま

どうやったら

うまくレシートが挟めるようになるか

よく考え、試作して確認しました。

 

 

 

 

 

 

この方のように

リピートオーダーしてくださる方は、

たいていほとんど、日常生活の中で

現在お使いのアイテムについて、

深く考えてくださいます。

 

もっと快適にするには?

もっと気持ち良い毎日を過ごすには?

と使う側からのアプローチを

話してくださいます。

 

そしてそれが

ひとつの形に定まる方もいれば、

毎回楽しみながら

新しい試みに挑戦する方もいらっしゃいます。

 

 

 

 

 

 

デザイナーはそういう方の中に

自分にはない考え方の道筋や

興味深い行動や

新鮮な解決策への道に触れ、

クライアントのみなさまを

深く尊敬するに至ります。

 

どんな難しいリクエストが出ても

ぱっと、できない、とお断りするのでなく、

まずとにかく

深く考えてから結論を出していくのは、

そういうことがあるからです。

 

長いお付き合いのみなさまに

心からの感謝を申し上げます。

今度のお財布がさらに福を呼びますよう。

 

 

 

関連記事

  • プレゼントでお作りした、見本のある札バサミ

  • 二代目の二つ折り財布 209

  • スーツのポケットにぴったり、二つ折り財布 209

同様のアイテムを見る: