革製品のオーダーメイド 銀座 オーソドキシー

Order example

2023.03.31

25年ほど前のibookショルダーバッグの改造 30110

クライアントの中には

昔の革質を使ってみたい、と

オークションなどでごくたまに出品される

当店製品をお求めくださる方も

いらっしゃいます。

ありがたいことです。

 

 

 

 

 

 

「このバッグは

ショルダー紐が1本でしたけど…」

とお持ち込みくださったのは、

なんと懐かしい、

1999年発売のibook用にお作りした

リュックにもなるショルダーバッグです。

 

 

 

 

 

 

ファスナーの付け方を工夫して、

こんなに薄くても

ibook本体がピタリと入るようにしました。

 

下のお写真にある外ポケットには

付属の小物が入るような仕組みです。

 

 

 

 

 

 

後ろ面の外ポケットには

今ではスマホや定期入れが入ります。

 

そしてリュックにする時には

後ろポケットの下方に付いている

Dカンも使って

肩紐になるようにしていました。

なかなか愛らしい形のバッグです。

 

 

 

 

 

 

「こんなに時間が経っているのに、

革がすごく良いとわかりました。

この手触りはなんとも言えませんね。

それで

ショルダーバッグとして使ったのですが、

バッグの厚みがないので

容量が少なくて…

マチをつけて容量を増やせませんか?」

 

 

 

 

 

 

ご依頼に合わせて変身させたバッグが、

上のお写真のバッグです。

オレンジのハイブランドの革を

ミスマッチさせて、

新鮮な表情に変わりました!

ヌメ革のベージュと異素材の組み合わせが

おもしろい雰囲気を出しています。

 

 

 

 

 

ファスナーはそのままにして

マチ部分をうまくくっつけましたから、

アクセントのあるイメージです。

 

容量はかなり増えましたので、

きっと今頃は

日常的に使ってくださっていると思います。

 

 

 

 

 

 

外側の後ろポケットの下に付けていたDカンは

うまく取り去ることができました。

これでショルダーバッグとして持つ時に

身体に当たることもないと思います。

 

「手持ちの御社のショルダーを

使ってみようと思います。」

同じタイプの革質なので、

違和感なくお持ちいただけることでしょう。

 

こんなに大事にしてくださって、

ありがたいことです。

そのうちまた、お見せくださいね。

 

 

 

関連記事

  • 「お客さまにとって、一番使い勝手のいいバッグ」 を見本にした ご注文品。

  • ご自分でデザインなさったスマホケース 31004 

  • マチ

    ウエストバッグのリピートオーダー

同様のアイテムを見る: