革製品のオーダーメイド 銀座 オーソドキシー

Order example

2023.04.2

30年ほど前のダブルファスナーポーチ、ショルダーバッグ版 30109

「御社の製品は

ほんとに長保ちします!

これももう、30年以上使ってますよ。

使いながらびっくりしてます。

 

ただ、そろそろ色が剥げてきて

みすぼらしい感じになってきたので、

お手入れお願いします。」

 

 

 

 

 

 

30年以上経った製品でも

使い込んだ感じがなかなか良いのですが、

人によっては

色擦れはちょっと…と思われる方は、

メンテナンスに出していただくことを

お薦めします。

 

 

 

 

 

1~4枚目のお写真がメンテナンス前です。

色擦れするのはやはり、バッグの角と

ショルダー紐や飾りベルトの端、

細かい部分の端、です。

 

 

 

 

 

 

当店の製品仕上げは「みがき仕上げ」。

革の端を数種類のサンドペーパーでみがき、

染料を掛け、ふのりをつけてみがきます。

 

その工程を何度かした後

最後に蝋で固めるのですが、

使っていって擦れてきますと

だんだんと色も薄れていきます。

 

 

 

 

 

 

そんな時にはメンテナンス。

5~8枚目のお写真に写った

ベルトの端、引手の端、など端々をご覧ください。

 

 

 

 

 

 

こうしたメンテナンスの時は

オイルメンテナンスも併せて行っています。

少し時間を置いては

少しずつオイルを入れていきます。

 

通常の製品もそうですが、

時間が経った製品に関しても、

いきなりたくさんのオイルを

入れることはしません。

 

 

 

 

 

 

丁寧に、少しずつ入れていきますから、

メンテナンス時のお時間は

できるのであれば、ひと月くらいいただきます。

 

 

 

 

 

 

ツヤツヤとして

端々にしっかり色がついて

みがき直した製品は、

まるで宝石のようです。

 

 

 

 

 

この天然の輝きは、

使った人にだけ見せてくれる輝きです。

可愛がってあげればあげるほど

輝きは増していきます。

 

現在の社会情勢では、こうした品質の革を

作りにくい状況になっています。

気になる方は

この革がこの品質で作られなくなる前に、

一度使ってみてください。

次回は、どうしてこの革が

だんだんと作りにくくなっていくのかを

お書きしたいと思います。

 

 

関連記事

  • ベルト1

    ベルトのオーダーメイド

  • ブルークラッチバッグ

  • おそろしく軽い、口金ボストンバッグ 103

同様のアイテムを見る: