革製品のオーダーメイド 銀座 オーソドキシー

Order example

2023.05.15

ふたつ目は超軽量スマホケース 303N

「もうこれ以上は無理かもしれません。」

とお答えしたご依頼内容は、

 

「以前作ってもらったスマホケースと

同じものが欲しいのですが、

もっと軽くしていただきたいのです。」

 

 

 

 

 

 

私どもでは、躯体の長保ちなどを考えながら、

いつでも、なるべく軽量のオーダー品を

お作りしていますから、

 

「これ以上に軽く」と言われますと

ちょっと途方に暮れてしまいます。

 

前回のケースも、同じ仕様で83gでした。

パタパタのページをお付けして、

シェルカバーも含めて

この重さであれば良しという重さですが、

どうしましょう。

 

 

 

 

 

「この面のカード入れを減らしても

大丈夫です。」ということで、

芯材の入れ方もさらに変えて

改変に改変を加え、とにかくやってみました。

 

たまたまシェルカバーも

超軽量のものがありましたし、

裏地専用の革の中にも

かなり薄い部分がありましたから、

そこを使えば何とかなりそうです。

 

 

 

 

 

 

そして出来上がったケースの重さは、

驚くことに46g、となりました。

私どももここまで軽くできるとは

思いませんでしたから、

この軽さでどこまで保つかが

これからの問題かもしれません。

 

しかしこのクライアントにとって

もっとも重要な問題は、

「とにかく軽く」でしたから

ご注文いただいた甲斐はあったと思います。

 

 

 

 

 

 

何かを入れる容器の重さは、

中身に合わせてお作りする必要があります。

バッグなどはそれを鑑みて

ギリギリの線まで落とすこともありますし、

 

逆に立派な体格の方で

重さは気にならない、という方へは

重めに作ることもあります。

 

当店でお作りするオーダー品は、

お使いになる方の身体に合わせて

お作りしています。

これをお持ちいただくことで、

身体が楽になり、

気持ち良くお過ごしいただけることを

願っております。

このたびもありがとうございました。

 

 

関連記事

  • 「オーバーナイト#3」改

  • リザードレッドのシステム手帳 912

  • 定番バッグ、ブリックスの内装写真を頂戴しました。

同様のアイテムを見る: